デュアルピクセルCMOS AFって何?

今回はキャノン機に搭載されている「デュアルピクセルCMOS AF」についての解説です。

デュアルピクセルCMOSとは

デュアルピクセルCMOS AFは、キヤノン独自のAF方式です。

広いAFエリアで、高速で精度の高いピント合わせができるのが大きな特長です。動くものに強いのも特長です。

分類としては、像面位相差AFの一種になりますが、従来の像面位相差AFのデメリットだったAFエリアの狭さを解消しています。

位相差AF、像面位相差AFについて知ってみよう
今回は、位相差AF、像面位相差AFについての解説です。前回の記事で解説したコントラストAFとは様々な違いがあります。 関連記事 コント...

ハイブリッドCOMS AFとの違い

KissシリーズなどのハイブリッドCOMS AFとは、次のような違いがあります。

・ハイブリッドCOMS AF:ところどころに位相差AF用の画素を配置

・デュアルピクセルCMOS AF:ひとつひとつの画素が位相差AFセンサーとしても機能する

そのため、デュアルピクセルCMOS AFは、全ての有効画素からの情報を利用して、位相差AFによる高速なピント合わせをすることができます。

ハイブリッド方式は位相差AFコントラストAFの併用ですが、デュアルピクセルCMOS AFは、最終合焦点まで位相差AFが行われます。

より高速で精度の高いピント合わせが可能になっています。

まとめ

今回はデュアルピクセルCMOS AFについての解説でした。一時、デジタル一眼の進化は頭打ちと言われたこともありましたが、AFはまだまだ進化していきそうな勢いですね。

\ こちらの記事もおすすめ! /

位相差AF、像面位相差AFについて知ってみよう
今回は、位相差AF、像面位相差AFについての解説です。前回の記事で解説したコントラストAFとは様々な違いがあります。 関連記事 コント...
コントラストAFって何?
今回はAF方式の1つ、コントラストAFについての解説です。 AFとは、オートフォーカス(Automatic Focusingまたは...