シグマ初のAPS-H機「sd Quattro H」。そもそもAPS-Hって何のこと?


SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro H

シグマ初のAPS-Hセンサー機「sd Quattro H」が12月20日に発売になります。

「APS-Cはよく聞くけれど、APS-Hはあまり聞いたことがない」という人もいると思います。今回はAPS-Hについての解説です。

APS-Hとは

APS-Hとは、デジタルカメラに搭載されているイメージセンサーのサイズ規格の1つです。

多くのデジタル一眼に用いられているAPS-Cよりもひと回り大きいサイズになります。

センサーの大きさとしては、フルサイズ>APS-H>APS-C となり、フルサイズとAPS-Cの中間の大きさになります。

一般に、イメージセンサーのサイズが大きいほど高画質&表現が豊かになります。面積が大きいほど、より多くの光を取り込むことができ、色の再現が忠実となります。

参考リンクイメージセンサー(撮像素子)とは。大きさで何が変わる?

APS-C機との比較

SIGMAからは、7月にAPS-C機「SIGMA sd Quattro」が発売されています。


SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro

両者のセンサーサイズを比較してみましょう。

sd Quattro(APS-C):23.4×15.5mm

sd Quattro H(APS-H):26.7×17.9mm

これを見ると、一目瞭然ですね。APS-Hのほうがひと回りほど大きくなっています。

APS-H機を35mm判換算をする場合は、1.3倍するとおおよその数字が出ます。

なぜAPS-Hというの?

APS-Hの名称の由来は、センサーサイズがフィルムのAPS-Hタイプのフォーマットに近かったことから来ています。

APS-Cの名称も同様で、サイズがフィルムのAPS-Cタイプに近かったことから来ています。

まとめ

今回はSIGMAの「sd Quattro H」をもとに、APS-H規格について紹介しました。「sd Quattro」は両機種ともローパスフィルターレスですので、これも知っておくとより理解が深まりますよ。

「ローパスフィルターレス」ってなに?どんなメリットがあるの?
最近「ローパスフィルターレス」仕様のカメラが増えてきました。 ローパスフィルターレスだと、ローパスフィルターのあるものに比べて、解像度...