手ぶれとは違う「被写体ぶれ」について知ってみよう

写真のぶれには、手ぶれのほかに「被写体ぶれ(ひしゃたいぶれ)」というものがあります。

これは撮影中に被写体が動いてしまい、写真がぶれてしまうことをいいます。

手ぶれではないため、カメラやレンズに「手ぶれ補正機能」があっても補正できません。

被写体ぶれの例

被写体ぶれには次のようなケースがあります。

被写体ぶれの例 かわいい鳥がいたので撮ろうとしたところ、シャッターを押した瞬間に鳥が走り出してしまいました。そのため、鳥がぶれて写りました。

このように、撮影時に被写体が動いてしまい、ぼやけて写ること「被写体ぶれ」といいます。

手ぶれと違い、手ぶれ補正や三脚では対応できません。

手ぶれとの違い

「手ぶれ」は撮影する際に、カメラが動いてぶれてしまうことをいいます。

上のように鳥を撮る場合でしたら、「鳥は止まっていたのに、カメラが動いてぶれてしまった」時に発生します。

これは「撮影時にカメラが動いてしまうこと」が原因ですので、三脚を使ったり、きちんと構えるなど、カメラを固定することで解消できます。

また、手ぶれ補正機能によっても軽減することができます。

まとめ

今回は手ぶれとならぶ「ブレ」の要素である「被写体ぶれ」の解説でした。

こうしたぶれの原因を知っておくと、ぶれが発生した時も対応がしやすくなります。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

「手ぶれせずに撮れるシャッタースピードの目安」を知ってみよう
手ぶれせずに撮れるシャッタースピードの目安は、 「35mm判換算をしたレンズの焦点距離」分の1以下 といわれてい...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...