【初心者さん向け】色が派手すぎ・・・と感じた時のチューニング

【初心者さん向け】色が派手すぎ・・・と感じた時のチューニング 画像

現在のカメラは、色が派手めに出るように調整されている機種が多くあります。

そうした写真は見栄えもよく、撮っていて非常にたのしいのですが、シーンによっては「もう少し色を抑えたい」「くっきりしすぎているのを抑えたい」といったケースも出てきます。

今回はその対処法です。あくまで「カメラのみで調整する場合」について書いていきます。

色が派手すぎ・・・と感じた時のチューニング

色が派手すぎる、描写がギラギラした感じする・・・そんな時は、次のように対策してみましょう。

ピクチャーモード(ピクチャースタイル)を変更

まずカメラのピクチャーモード(ピクチャースタイル)の設定をみてみます。

これは「どんな写真にするか」という傾向を選べるモードで、たとえばキヤノンのKissシリーズなどでは、デフォルトで「スタンダード(あざやかでくっきりした写真になる)」が選択されています。

エントリー機では、最初からこうしたモードが選ばれていることが多く、これを変えることで、出てくる写真の傾向を変えることができます

よく使われるのは「ナチュラル」や「忠実設定」で、次に挙げるような微調整を加えて、好みの傾向にする方法です。

「彩度」または「色の濃さ」を調整する

調整の際に、まず考えたいのは「彩度(または色の濃さ)」です。

これは、色のあざやかさ(色の濃さ)を設定する要素です。「色」が気になった時はこの項目をいじってみましょう。

マイナス方向にふると、色のあざやかさを落とすことができます。最初は-1か-2ぐらいにして、ようすをみながら変えていきます。

コントラストを調整する

つづいてはコントラストです。コントラストは「くっきりさせる」というイメージのある要素ですが、これも色のあざやかさを強調する要素のひとつです。

同時に、明暗や階調にも影響する要素なので、写真のギラギラした感じが消えない場合は、コントラストを下げると解消する場合があります。

ただ下げすぎると、全体のメリハリがなくなるので、こちらも-1あたりからようすをみながら調整してみましょう。

シャープネス

次はシャープネスです。これは使っている人も多いと思います。

シャープネスは輪郭を強調する機能で、適用すると画像がシャープにみえるようになります。

・・・が、かけすぎると画像が荒れたり、輪郭が太くなったり、写真がガサガサした感じになったりと、いろいろな弊害があります。

彩度・コントラストをいじっても画像がきつく見える場合は、シャープネスを下げます。

特にエントリー機は、カメラの本体がシャープが強めにかかるようチューニングされているものもあります。

画像に固さを感じる場合は、コントラストとシャープネスを調整すると解消される場合があります。

シーンにあわせて最適な設定をつくる

さて「色が派手すぎ・・・」と感じた場合の調整方法を紹介してきましたが、こうした設定は、1つに絞る必要はありません

むしろ、風景用・人物用・室内用など、シーンにあわせてつくっておくと、好みの写真が撮りやすくなり、とても便利です。

今はほとんどの機種に、こうした設定を保存できる機能がついています。「ユーザー登録」や「ボタン登録」といった名称でついていますよ。

まとめ

こうした設定を変えることで、自分好みの写りをつくりやすくなります。今回は「色が派手すぎ」と感じた場合の設定でしたが、もっと派手にしたいときはこの逆をやればOKです。

組み合わせによって、いろいろな写りがたのしめますので、興味のある方はぜひためしてみてくださいね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

マクロレンズで水滴を撮る
カメラに慣れてきたら、マクロレンズで作品の幅を広げてみませんか? マクロレンズがあると、特別な場所に行かなくても身近なところで被写...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...