ペンタックスのカメラの「CTE」って何?

ペンタックスのカメラの「CTE」って何? 作例画像ペンタックスのカメラには「CTE」というモードがあります。

これはホワイトバランスの中にある項目の1つで、「色を逆補正する」性質があります。

CTEは色を逆補正するモード

ホワイトバランスは、どのような環境の光の下でも「白いものを白く写す」ための機能です。

そのまま撮ると、青みがかってしまう場面では青みがからないように、黄色っぽくなってしまう場面では黄色っぽくならないように・・・そうした調整をする機能がホワイトバランスです。

これに対し、CTEは逆の補正をします。

PENTAX CTE 作例画像ホワイトバランスがオートであれば補正する色を、CTEは逆に強調します。つまり、色の偏りを強調するモード、それがCTEです。

すべてのシーンで使えるわけではありませんが、うまくはまると面白い色合いになります。

CTE 緑を強調 作例画像緑が多い場面では、緑が強まって独特の雰囲気になります。

smc PENTAX-DA 50mmF1.8 レビューその2 ~独特の存在感~
「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」を使い始めてしばらくたちました。というわけで、あらためてレビューです。 ★ファ...

まとめ

ちなみにCTEとは「Color Temperature Enhancement」の略です。色温度を増強・強化といった意味の言葉です。まさにその名の通り!といった機能ですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きな鳥はカワラヒワ。

\ こちらの記事もおすすめ! /

PENTAX K-70 レビューその1 ファーストインプレッション
先日、PENTAXのデジタル一眼レフK-70を購入しました。というわけで、ファーストインプレッションです。 PENTAX K-70 ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...