Nikon D5300の「AF-P 18-55 VR レンズキット」「 AF-P ダブルズームキット」とは

現在、Nikon D5300には「D5300 AF-P 18-55 VR レンズキット」「D5300 AF-P ダブルズームキット」というレンズキットがあります。

D5300自体は2013年発売の機種ですが、ここに2016年に発売された新しいレンズを組み合わせたのがこのセットです。

レンズキットとダブルズームキットの違い

「D5300 AF-P 18-55 VR レンズキット」と「D5300 AF-P ダブルズームキット」の違いは、付属するレンズの数です。


レンズキットには、レンズが1本付属します。

【D5300 AF-P 18-55 VR レンズキット】

・「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」が付属

「標準ズーム」といわれる、もっとも使いやすいレンズが付属します。

ダブルズームキットは、そこに望遠レンズが付属します。

【D5300 AF-P ダブルズームキット】

・「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と

・「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」が付属

望遠レンズがあると、少し離れたところのものを引き寄せて写すことができます。運動会や発表会などの撮影にも便利なレンズです。

AF-Pとは

さて、このAF-Pレンズですが、従来のレンズと何が違うのかというと、

・ピント合わせが高速になった

・動作がより静かになった

といった点がまず挙げられます。

特にピントは「爆速」と評されるほど高速になり、チャンスをより確実に捉えやすくなりました。

また、従来よりもAF駆動音が静かになったのもポイントです。

画質の評価も高く、Nikonの本気が感じられるセットになっています。

【用語】AF-Pとは、AFの駆動にステッピングモーターを採用したレンズのことをいいます。高速なピント合わせ、スムーズな動作・静音といった特長があります。

D5300のスペック

では、D5300の主なスペックをみてみましょう。

撮像素子 CMOSセンサー(APS-C)
有効画素数 約2416万画素
撮影感度 常用ISO100~12800
(拡張:ISO25600)
フォーカスポイント 39点(うち、クロスタイプセンサー9点)
シャッタースピード 1/4000~30秒
連写撮影 5コマ/秒
ローパスフィルターレス
ファインダー形式 ペンタミラー
ファインダー視野率 95%
ファインダー倍率 約0.82倍
撮影枚数 600枚
モニター形式 可動式(バリアングル)
質量(本体のみ) 約480g

Wi-Fi機能、GPSも搭載されています。

D5300を含むD5000番台のシリーズは、位置づけ的にはエントリー機(入門機)になります(D3000番台よりも1つ上のランクになります)。

が、こうしてみると、普通に使うには十分なスペックを備えていることがわかります。

タッチパネルではないので注意が必要

画質的には、後継のD5500やD5600と同等と言われるD5300ですが、タッチパネル式ではないので注意が必要です。

ここが、D5500やD5600との決定的な違いでもあります。

モニター自体はバリアングル式で、ライブビュー撮影(背面液晶を使った撮影)もできますが、タッチを使った操作はできません。

※タッチパネル搭載機は、D5000番台ではD5500以降の機種となります。

まとめ

今回はD5300のAF-Pレンズキット、ダブルズームキットについての解説でした。Nikonもかなり力を入れているセットですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

EOS Kiss X9とX9iは何が違う?
今回は、Canon EOS Kiss X9とX9iの違いについてみていきましょう。 名前の似ている両者ですが、実は X9とX9...
便利でたのしいカメラグッズいろいろ ~おすすめアイテムまとめ~
はれときどきカメラの、おすすめするカメラグッズ記事をまとめてみました。 おすすめアイテムの記事はここでチェックできます。 撮影がもっ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...