Nikon D7500が発売。どんなカメラか徹底解説

Nikonから、デジタル一眼レフの新モデル「D7500」が発売になりました。

今回はD7500のスペック表とともに、どんなカメラかみていきましょう。

D7500

「D7500」は、ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラです。

軽量・薄型ボディーながら、このフォーマットのフラッグシップ機D500と同等の高画質&連写性能を実現しているのが大きな特長です。

D7500の主なスペックをみてみましょう。

撮像素子 DXフォーマット(APS-C)
有効画素数 2088万画素
撮影感度 常用ISO100~51200
フォーカスポイント フォーカスポイント51点(うち15点はクロスタイプセンサー、1点はF8対応)
シャッタースピード 1/8000~30秒
連写撮影 8コマ/秒
ファインダー形式 ペンタプリズム
ファインダー視野率 100%
ファインダー倍率 約0.94倍
撮影枚数 約950枚
RAW 14bit
質量 約720g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)

モニターは可動式(チルト式)、タッチパネル仕様になっています。

バリアングルとかチルトって何?知っておきたいデジタル一眼レフ&ミラーレス一眼の基礎知識
今のデジタル一眼レフやミラーレス一眼は、うしろの液晶が動くものが多いですよね。 バリアングルやチルトというのは、その「動き方(動く方式...

前機種D7200との違い

D7500と前機種D7200の違いは次のようになっています。

商品名 D7500 D7200
発売時期 2017年6月 2015年3月
有効画素数 約2088万画素 約2416万画素
常用感度 ISO100~51200 ISO100~25600
フォーカスポイント 51点(クロス15点) 51点(クロス15点)
シャッター速度 1/8000~30秒 1/8000~30秒
連写性能 8コマ/秒 6コマ/秒
ファインダー視野率 100% 100%
ファインダー倍率 約0.94倍 約0.94倍
モニター 可動式 固定
質量(バッテリー含む) 約720g 約765g
撮影枚数 約950枚 約1110枚

型番的にはD7200のあとにD7300やD7400はなく、D7200→D7500という形になっています。

D500と同等の高画質を実現


Nikon デジタル一眼レフカメラ D7500 ボディ

D7500の大きなポイントは画質です。

DXフォーマット最高レベルの画質を実現するエンジンと、D500と同じ撮像素子を搭載することで、D500と同等の画質をたのしむことができます。

CHECK! D7500公式ページで撮影サンプルをみてみよう

常用感度 ISO 100~51200

D7500は、常用感度ISO 100~51200と、前機種D7200のISO100~25600から大幅に向上しています。

高感度域のノイズ低減も向上し、暗所でもノイズの少ない描写が可能になっています。

進化した高速連続撮影

D7500の連写性能は最高約8コマ/秒と、前機種D7200の最高約6コマ/秒から大きく向上しています。

14ビットロスレス圧縮RAWで50コマ、JPEGなら100コマまでの高速連続撮影が可能になっています。

より確実に被写体を捉える高性能AFシステム

D7500には、D500と同じ測光センサー「180KピクセルRGBセンサー」が搭載されています。これにより、高い精度のAFやAE、オートホワイトバランスを実現しています。

特にAFは、高性能な51点AFシステムと相まって、被写体をより確実に捉えることが可能になっています。

まとめ

D7500は前機種D7200をベースに、D500のシステムを取り入れ、よりブラッシュアップされたカメラになっています。まさに「デジタルの進化は日進月歩」といえるカメラです。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

「DXフォーマット」って何?
ニコンでは、撮像素子がAPS-Cサイズのものを「DXフォーマット」と呼んでいます。ちなみに、フルサイズのものは「FXフォーマット」と呼ん...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...