smc PENTAX-DA 50mmF1.8 レビューその2 ~独特の存在感~

smc PENTAX-DA 50mmF1.8 レビュー 作例画像

「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」を使い始めてしばらくたちました。というわけで、あらためてレビューです。

ファーストインプレッションはこちら

smc PENTAX-DA 50mmF1.8 ファーストインプレッション
PENTAX K-70と一緒に「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」を買いました。というわけで、ファーストインプレッション...

smc PENTAX DA50mmF1.8とは


PENTAX 望遠単焦点レンズ DA50mmF1.8

「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」はペンタックスのKマウント対応の単焦点レンズです。主なスペックは次の通りです。

焦点距離 50mm(35ミリ判換算:約76.5mm)
開放絞り F1.8
最小絞り F22
レンズ構成 5群6枚
最短撮影距離 0.45m
絞り羽根枚数 7枚【円形絞り】
フィルター径 52mm
大きさ 63mm(最大径)×38.5mm(長さ)
重さ 約122g

単焦点レンズなのでズームはできませんが、この焦点距離に特化したつくりのレンズです。

smc PENTAX-DA 50mmF1.8は、APS-C機につけると、35mm判換算で76.5mm相当の画角になります。裸眼で自然にみた範囲よりも、狭めの範囲になります。

35mm判換算をした数字があわない?50mmが75mmではなく76.5mmになる謎
PENTAX 望遠単焦点レンズ DA50mmF1.8 ペンタックスの単焦点レンズ「smc PENTAX DA50mmF1.8」は、...

smc PENTAX-DA 50mmF1.8の描写

smc PENTAX-DA 50mmF1.8 レビュー 存在感のある描写ほどよく被写体が立ち上がり、存在感のある描写をしてくれます。

開放近辺で撮ると大きなボケをたのしむことができ、絞るにつれてくっきり&シャープになっていきます。絞りで描写がガラッと変わるので、被写体にあわせてほどよい按配を探していくのがたのしいレンズです。

今さら聞けないカメラ&写真の用語「被写体」ってなに?
初心者の方がカメラの説明書や入門書を手にすると「被写体」という言葉が当たり前のように出てきて、とまどう方もいるかと思います。 今回は「...

AF性能

AF(オートフォーカス)は、速度も精度も上々です。AFが苦手そうなシーンでも、きちんととらえてくれます。ほぼAFだけでいける、そんな印象です。

唯一の難点は音。「ギュ・ギュ・ギュ・ギュイーン」と駆動音がやたらと大きいです。

重さ

smc PENTAX-DA 50mmF1.8は、重さが約122gと非常に軽いです。

ただ、マウント部分(レンズとボディを接続する部分)がプラスチックで、全体もプラスチックを主体としたつくりですので、高級感はありません。

プラスチック素材のマウントってどうなの?
レンズとボディを接続する部分のことを「マウント」といいます。 かつては金属のものが主流でしたが、最近はマウント部分がプラスチックででき...

まとめ

非常にたのしいレンズです。今回の作例はやや絞って撮っていますが、開放近辺で撮ると、ものすごくソフトな描写になります。花やかわいいものを撮るのもたのしそう!

ちなみに、フードは別売りです。ペンタックス純正のフードのほか、フィルター径52mmのフードをつけることができます。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

PENTAX K-70 レビューその1 ファーストインプレッション
先日、PENTAXのデジタル一眼レフK-70を購入しました。というわけで、ファーストインプレッションです。 PENTAX K-70 ...
10/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、10月も愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮...