PENTAXのレンズについている記号や表記の意味をしってみよう

今回は、PENTAXのレンズを例に、レンズ名の見方を知ってみましょう。

ペンタックスのレンズ名の見方

デジタル一眼のレンズ名には様々な記号や略称が入ります。

たとえばペンタックスでしたら、次のような記号や略称が入ります。

  • smc PENTAX-DA 50mmF1.8
  • smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

今回は、それぞれの表記についてどんな意味があるのかみていきましょう。

smc

レンズ名の最初につく「smc」からみてみましょう。

  • smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

この「smc」は、コーティングを表します。多層膜コーティング「スーパー・マルチ・コーティング」が採用されているという略称です。

DA

次に「DA」の部分をみてみましょう。

  • smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

これは、マウントを表す記号です。主に次のように分類されます。

  • DA:APS-C機に対応したデジタル専用レンズをあらわします。
  • FA:フィルム時代に開発されたもので、フルサイズ機に対応しています。APS-C機にも使えます。
  • D FA:フィルム時代に開発されたものをベースにして、デジタル用として設計を最適化したものです。フルサイズ機に対応しています。APS-C機にも使えます。

各レンズは「DAレンズ」「FAレンズ」といった呼び方で親しまれています。

★(スター)

ペンタックスのレンズには、DA等の記載のあとに「★マーク」が入るものがあります。

こうしたレンズは「スターレンズ」と呼ばれ、ペンタックスのラインナップの中でも、超高性能レンズにあたるシリーズとなります。堅牢性、描写性能ともに高いレベルを誇ります。

Limited

ペンタックスのレンズには「Limited(リミテッド)」という表記が入るものがあります。

これは高性能な単焦点レンズにつけられる表記で、質感・写りともに高いレベルを誇るものにつけられます。この表記のあるレンズは「リミテッドレンズ」と呼ばれ親しまれています。

ED、AL

次に「ED」と「AL」の部分をみてみましょう。

  • smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

EDは、特殊低分散(ED)ガラスを採用しているものにつく表記です。そのあとにある「AL」は、非球面レンズであることを表しています。

IF

つづいては「IF」です。

  • smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

この「IF」は、インナーフォーカスであることを表します。インナーフォーカスだと、そうでないものに比べてレンズがコンパクトであることや、フォーカス時にレンズの全長が変わらないなどのメリットがあります。

DC

つづいては「DC」です。

  • smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

DCは、DCモーター(直流モーター)を使っていることを表しています。そのほかに超音波モーターを使った「SDM」、パルスモーターを使った「PLM」といった表示があります。

WR

つづいては「WR」です。

  • smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

WRは、防塵防滴仕様であることを示す記号です。WRがついていないものは、防塵防滴仕様ではありません。

まとめ

こうしてみると、レンズ名には様々な情報が盛り込まれていることがわかりますね。メーカーごとでそれぞれの表記があって、面白いものですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

レンズ名についている記号や表記にはどんな意味がある?
今回は、Nikon D5300 AF-Pダブルズームキットを例に、レンズ名の見方を知ってみましょう。 レンズ名の見方 Nikon...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...