Pullip(プーリップ)赤毛のアン復刻版を撮ってみました

Pullip(プーリップ) 赤毛のアン 復刻版 ドール撮影ちょうどプーリップさんがいたので、撮ってみました。Pullip Regeneration series 赤毛のアン2012です。

Pullip(プーリップ)赤毛のアン2012

Pullip(プーリップ) 赤毛のアン 復刻版 ドール撮影 うちのこかわいい2004年に発売されたPullip(プーリップ)赤毛のアンの復刻版です。赤毛とそばかすがかわいいドールです。

室内撮りでは背景を選ぶのもたのしいところ。迷った時はシンプルな背景がオススメです。

ちょっぴりまろやかに

Pullip(プーリップ) 赤毛のアン 復刻版 ドール撮影 室内撮り上の2枚よりも少しまろやかな感じで撮ってみました。

プーリップは後頭部のボタンで目を動かすことができます。角度によってずいぶんと顔の印象が変わりますね。

参考 ぼかす?ぼかさない?F値は撮影意図によって決めよう

少しおませな感じ

Pullip(プーリップ) 赤毛のアン 復刻版 ドール撮影 三脚の使い方この角度からだと、少しおませな感じに見えますね。

室内では三脚を使って撮影します。屋外の時と同じように、構図を決めてから三脚を設置します。

ちょっぴり色合いを変えて

Pullip(プーリップ) 赤毛のアン 復刻版 ドール撮影構図や色合いは、トイ(おもちゃ)として撮るか、ドールとして撮るか、人間のように撮るかによって変わってきます。あらかじめイメージをしておくと、たのしく撮れますよー。

まとめ

先日のUFOキャッチャーのドールはハイキー気味で撮りましたが、今回は色を落ち着かせて、少し強めに撮ってみました。演出によって撮り方を変えてみるとたのしいですよー。

はれとき編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。好きなものは洋画とフエキくん。単焦点レンズを持ってよく街歩きをしています。最近はカラマーゾフの兄弟がお気に入り。