データ保存に使うDVD、何に気をつけたらいい?

データ保存に使うDVDはどんなものがいい?

写真データの保存に便利なのがDVD-Rです。今回は保存用DVD-Rの注意点です。

安売りDVDやノーブランド品は注意

データ保存に使うDVD-Rはできるだけ信頼できるメーカーのものを選びましょう。

安売り品やノーブランドのDVD-Rの場合、書き込み&読み込み不良が起こったり、データが消えるなどのトラブルが起こる場合もあります。

バックアップは複数枚が基本

DVD-Rに写真データを入れる際には、複数枚コピーしておくのがベストです。複数枚つくっておけば、万が一の読み込み不良にも対応できます。

デジタルデータは「念には念を押して保存する」が鉄則です。

メモリーカードのデータが飛んだ!?写真データが一瞬にして消えた話
デジタルデータは便利ですが、トラブルが起こると一瞬でダメになってしまいます。 先に言っておきます。 丁寧に扱っていても、...

定期的に再バックアップをしよう

DVD-Rなどの光ディスクは、劣化によって読み込めなくなる場合があります。定期的にデータをチェックしたり、再バックアップするようにしましょう。

長期保存には保管方法も大切

DVD-Rは、直射日光や高温、湿度に弱いメディアです。できるだけ暗所で保管するようにしましょう。しまう時は、乾燥剤も一緒に入れるとベストです。

もちろんキズも厳禁ですよ。書き込み不良や読み込み不良の原因になります。

まとめ

DVD-Rは、他の記録媒体に比べてデータトラブルのリスクが低く、長期保存に適した媒体です。安いノーブランド品を見るとつい飛びつきたくなりますが、注意が必要ですよ!