銀塩カメラとか銀塩ってなに?

銀塩、銀塩カメラってなに? 画像「銀塩カメラ」は、デジタルカメラに対して使われることの多い言葉で、主に「フィルムカメラ」の意味で使われます。

銀塩は「ぎんえん」と読み、「銀塩カメラ」「銀塩」といった使い方をします。

もともとは「銀塩写真を撮るカメラ」全般のこと

写真のフィルムには「フィルム」という呼び方のほかに、「銀塩フィルム」という呼び方もあります。

これは、感光剤に「銀塩」が使われているためで、感光剤に銀塩を使っている写真のことを「銀塩写真」といいます。

銀塩写真を撮るカメラのことを「銀塩カメラ」といいますので、フィルムカメラのことを「銀塩カメラ」または「銀塩」と呼ぶというわけです。

フィルムカメラだけではない銀塩カメラ

銀塩写真は「感光剤に銀塩を使っていること」が定義なので、実際はフィルムだけでなく、湿板や乾板などを使った写真も含みます。

つまり、「フィルムで撮った写真は銀塩写真」ですが、「フィルムで撮った写真だけが銀塩写真ではない」ということになります。

ただ、現在は「銀塩カメラ」「銀塩」といえば、たいていの場合が「フィルムカメラ」「フィルム」を指すものとして使われています。

まとめ

「銀塩」という表現はデジタルカメラに対して使われることが多く、「銀塩カメラの場合は~」「銀塩の時代は~」といった形で使われたりします。

「フィルム」に置きかえて考えると、イメージがしやすくなりますね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

オリンパスの「OM-D」ってどんなカメラ?
2017年9月15日にOM-D E-M10 Mark IIIが発売になります。 そこで今回は「OM-D」とはどんなカメラかをみ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...