ファインダー視野率とは。95%とか100%とかって何?

ファインダー視野率とは何か 作例画像デジタル一眼レフの入門機の多くは、ファインダーで見た範囲よりも、広く写ります。

そのため、「ギリギリ入らないように撮ったのに、画像をみたら入っていた」「撮ったときよりもまわりが余計に入っている」といったことが起こります。

これは、実際に写る範囲よりもファインダーから見える範囲が狭いためです。

その度合いを「率」で表したものを「ファインダー視野率」といいます。

入門機はファインダー視野率95%前後が主流

「実際に撮れる範囲に対して、何%の範囲がファインダーでみえるか」を表したのが「ファインダー視野率」です。

100%だと、ファインダーで見たままの範囲が写ります。

デジタル一眼レフの場合、「ファインダー視野率100%」の機種は限られていて、入門機のほとんどは約95%前後となっています。

これは「実際に撮れる範囲の約95%がファインダーでみえる」ということです。つまり「全部はファインダーでみえない」「ファインダーでみえていない範囲も写る」ということです。

たとえば、入門機で大人気のCANONの「Kiss」シリーズも、ファインダー視野率約95%です。ファインダーで見た範囲よりも、少し広く写ります。

ファインダー視野率100%の機種

デジタル一眼レフで、ファインダー視野率100%(約100%)を実現している機種は、「中級機以上」であることがほとんどです。

ただ、ペンタックスのように、入門機からでも「ファインダー視野率100%」を実現しているメーカーもあります。

【予算5万円で】ペンタックスのオススメのデジタル一眼レフ
今回は「5万円でおつりがくるオススメのデジタル一眼レフ・ペンタックス編」です。2016年夏現在、5万円以内で初心者さんに使いやすいペ...

ミラーレス一眼は視野率100%

さて、ここまで書いてきたファインダー視野率ですが、ミラーレス一眼はファインdナーのしくみが異なります。

ミラーレス一眼に搭載されているファインダーは、EVF(電子ビューファインダー)といって、どの機種でも「ファインダー視野率100%」が基本です。

ライブビュー撮影では

今はほとんどのデジタル一眼レフが、背面液晶を使った「ライブビュー撮影」ができます。

ライブビュー撮影では、入門機の場合でも「モニターで見たままの範囲」が写ります。視野率でいえば「100%」ということですね。

ですので、「ファインダー視野率95%」の機種でも、ライブビュー撮影なら「見たままの範囲」を写すことができます。

まとめ

「実際に撮れる範囲に対して、何%の範囲がファインダーでみえるか」、それがファインダー視野率です。100%に満たない機種の場合は、その差を意識して撮るとちょうどいい感じになりますよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

ファインダー倍率って何?比較のしかたも知ってみよう
カメラを選ぶときにぜひ知っておきたいことに「ファインダー倍率」があります。これは「ファインダー視野率」とセットで知っておくと便利です。 ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...