ファインダー視野率に「約」がつくことがあるのはなぜ?「約」の謎

ファインダー視野率の表示に「約」という言葉がつく場合があります。「ファインダー視野率 100%」といったケースです。今回は「約」の謎に迫ります。

ファインダー視野率については「ファインダー視野率とは」で詳しく解説しています。

ファインダー視野率とは。95%とか100%とかって何?
デジタル一眼レフの入門機の多くは、ファインダーで見た範囲よりも、広く写ります。 そのため、「ギリギリ入らないように撮ったのに、画像をみ...

視野率「約」100%とは なぜ約がつく?

ここではファインダー視野率100%を例に挙げてみましょう。

ファインダー視野率100%とは、

「撮像素子の映像」と「ファインダーの映像」が全く同じにみえる(映る)こと

をいいます。撮像素子とはイメージセンサーのことです。

この場合のファインダー視野率100%というのは「ぴったり100%」のことを言います。

つまり、ごくごくわずかでも「撮像素子の映像」と「ファインダーの映像」に範囲の差があれば、「全く同じ」とも「100%」ともいえなくなってしまいます。

ファインダー視野率は、温度変化などの要因でわずかな誤差が発生するケースもあり、そうしたことも含めて、「約」をつけている機種があるわけです。

どれぐらいの誤差が出るの?

温度変化などの要因で発生する誤差はほんのわずかなもので、この際のファインダー視野率は完璧な100%ではないものの、限りなく100%に近い状態と考えられます。

「100%といっても差し支えのない程度」の誤差と考えておいてよいでしょう。

ファインダー視野率100%ということ

いかなる場合でも誤差のない「完璧なファインダー視野率100%」に仕上げるには、製造工程において、非常に高い精度と技術が要求されます。当然、手間とコストもそれに比例します。

「ファインダー視野率100%」を採用している機種が、ハイエンド機中心になっているのもそうした理由があります。

フラッグシップ機って何?知っておきたいデジタル一眼の基礎知識
フラッグシップ機(フラッグシップモデル)とは フラッグシップは、そのメーカーのカメラの中で象徴的存在の製品、メーカーの技術の総力をつぎ込ん...

ライブビューは視野率100%

ここまで書いてきたファインダー視野率100%については、デジタル一眼レフのファインダー(光学ファインダー)の場合です。

カメラの背面モニターを使って撮影のできる「ライブビュー機能」では、多くの機種で視野率100%を実現しています。これは像を映すしくみが違うためで、同様にミラーレス一眼のファインダー(電子ファインダー)も視野率100%を実現しています。

ライブビューとは

「実際に写真に写る範囲」をリアルタイムで液晶に表示する機能です。

主にカメラの背面にあるモニターがそれにあたり、液晶を見ながら撮影することができます。バリアングル式やチルト式など可動式の液晶もあります。

まとめ

今回はファインダー視野率の「約」の謎についての解説でした。誤差を考えた場合ということが大きな理由です。

ファインダーについては、「ファインダー視野率について」と「ファインダー倍率について」も知っておくとより理解が深まるかと思います。

ファインダー倍率って何?比較のしかたも知ってみよう
カメラを選ぶときにぜひ知っておきたいことに「ファインダー倍率」があります。これは「ファインダー視野率」とセットで知っておくと便利です。 ...