「DXフォーマット」って何?


ニコンでは、撮像素子がAPS-Cサイズのものを「DXフォーマット」と呼んでいます。ちなみに、フルサイズのものは「FXフォーマット」と呼んでいます。

ニコンはこうした独自の呼び方をするのが特長です。

「DXフォーマット」はニコン独自の呼び方

ニコンでは「APS-C」「フルサイズ」といった表現をせず、「DXフォーマット」「FXフォーマット」といった呼び方をします。

センサーサイズは、APS-Cにあたる「DXフォーマット」が約24mm×16mm、フルサイズにあたるFXフォーマットが約36mm×24mmとなっています。

撮像素子(イメージセンサー)の役割を知ってみよう
デジタルカメラの撮像素子(イメージセンサー)は、フィルムカメラでいうところの「フィルム」にあたる部分です。 レンズから光の情報を受け取...

DXフォーマット対応レンズ

ニコンには、DXフォーマット対応レンズとFXフォーマット対応レンズがあります。

DXフォーマット対応レンズには、「DX」というマークが入っています。

ニコンのデジタル一眼レフ DXフォーマット 見分け方

Nikonのロゴの後にある「DX」がDXフォーマットを表すマークです。これがついている場合は、DXフォーマット対応レンズになります。

ちなみに、FXフォーマット対応レンズには、レンズのフォーマットを表すマークは入りませんので、マークの有無で両者を見分けることができます。

本体

では、カメラ本体はどうでしょう。こちらはレンズの表記とは逆になり、DXフォーマットのカメラには、フォーマットを表すマークは入りません。

FXフォーマットのカメラに「FX」を表すマークが入ります。

写る範囲

DXフォーマットのカメラには、DXフォーマット対応レンズとFXフォーマット対応レンズのどちらもつけることができます

ですが、どちらのレンズで撮った場合も写る範囲は同じです。FXフォーマット対応のレンズをつけても、写る範囲は広がるわけではなく、DXフォーマットと同じ範囲になります。

まとめ

ニコンはこうした独自の呼び方をするのが特長です。ちなみにニコンでは、ミラーレス一眼のことを「レンズ交換式アドバンストカメラ」と呼んでいます。面白いものですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

フィルター径ってどこで分かるの?フィルター径の見方を知ってみよう
レンズ前面の直径のことを、「フィルター径」といいます。レンズに合うフィルターやレンズキャップを選ぶときは、このサイズをみて探します。...
10/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、10月も愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮...