microSD、microSDHC、microSDXCカードは何が違う?

PanasonicのDC-GF9は、データの記録にSDカードではなく、microSDカードを採用しています。

スマホなどに使われている小型サイズのメモリーカードです。

DC-GF9の製品ページをみると、次のようなマークがついています。

画像引用:Panasonic DC-GF7製品ページ

このマークは「microSDXCカード、microSDHCカードに対応しています」という表記です。 ※どちらも、UHS-I スピードクラス3(U3)規格

というわけで、今回は、microSD、microSDHC、microSDXCの違いをみていきましょう。

microSD、microSDHC、microSDXCの違い

microSDカード、microSDHCカード 、microSDXCカードの違いは容量です。

それぞれ

・microSDカード:2GBまで

・microSDHCカード:4GB~32GBまで

・microSDXCカード:64GB~2TBまで

という容量なっています。

「SD」の後ろにつく文字で容量が判断できる、ということですね。

ちなみにこの分類は、microではないSDカードと同じ分け方になっています。

SD、SDHC、SDXCの違いはなに?メモリーカードの規格を知ってみよう
メモリーカードには、SDやSDHCやSDXC、CLASSとかUHSとか、いろいろな表記があって、ややこしく感じる人も多いと思います。...

対応機器によって使えるカードが異なります

GF9は、microSDXCカード対応なので、microSDカード、microSDHCカード 、microSDXCカードのいずれも使えます。

ちなみにこれらのカードを使う場合は、機器がそのカードに対応している必要があります。

使えるカードは次のようになっています。

microSDカード対応機器:microSDカードのみ使えます

microSDHCカード対応機器:microSDカードとmicroSDHCが使えます

microSDXCカード対応機器:どれも使えます ←GF9はこれ

下位互換がある、ということですね。

GF9に限らず今のカメラは1枚のデータ量が多いので、16GB以上のカードがあると安心ですよ。

つまり、microSDHCかmicroSDXCカードということですね。

まとめ

今回はmicroSDカードの分類についての解説でした。カメラを買うときは、どのカードが使えるかをまずチェックですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

「SDXCカード対応」のカメラにはどんなメモリーカードが使える?
カメラをみていると「SDXCカード対応」という表記がされていることがあります。 店頭やチラシではこのように書かれていることもあ...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...