レンズフードの「汎用品」って何?


HAKUBA レンズフード メタルレンズフード

レンズフードはメーカー純正品のほかに、別メーカーが出している汎用品(はんようひん)があります。

汎用品は「フィルター径が同じなら、どのメーカーのレンズにも使えますよ」といったタイプのレンズフードです。

そのフードとレンズのフィルター径が同じであれば「キヤノンのレンズにもニコンのレンズにも、ほかのメーカーのレンズにもつけることができますよ」というもので、メーカー純正のものに比べて、安く手に入るのが特長です。

フィルター径にあわせたつくり


Kenko ラバーフード マルチレンズフード

汎用品は「フィルター径にあわせたつくり」になっています。

だからこそ「フィルター径が合っていれば、どのレンズにもつけられる」わけですが、それによるデメリットもいくつかあります。

メーカー純正品のように「レンズにあわせたつくり」になっているわけではないので、「つけられるけれど微妙にゆるい・きつい」「デザインが合う・合わない」など、多少の相性があります。

また、つけるレンズによっては「フードがレンズに写りこんでしまう」といったことが起こる場合があります。いわゆる「ケラレ」といわれる状態です。

これは主に広角側、特に高倍率ズームの広角側での撮影で起こりやすい現象です。

まとめ

上記のようなデメリットもありますが、安く手に入り、フィルター径が同じであればメーカーを超えて使えることができるのは大きな魅力。

メーカー純正品のように、そのメーカーの「レンズにあわせたつくり」ではないがゆえですね。

~アマゾンリンク3~

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きな鳥はカワラヒワ。

\ こちらの記事もおすすめ! /

レンズフードは必要?デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼のお悩み相談
「レンズフードはあったほうがいいでしょうか」という質問をいただくことがあります。デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼の初心者さんからよくいただく...
10/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、10月も愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮...