常用感度(常用ISO感度)と拡張感度について知ってみよう

ISO感度には「常用感度(常用ISO感度)」と「拡張感度」があります。

常用感度

常用感度は、メーカーが「一定の品質をキープできる」と考える感度のことで、通常この数字がスペックとして記載されます。

常用ISO感度 画像
この場合は「常用ISO100~25600」という意味です。

ISO感度 カタログ表記の例 画像
「常用」という表記をしない場合もありますが、意味は同じです。特に注意書きがない限り、「常用ISO感度」がスペックとして記載されます。

ISO感度は数字を大きくするほど暗い場所での撮影がしやすくなり、一般に、上限の数字が大きいほど「高感度に強い」カメラといわれます。

拡張感度

拡張感度は「オプション扱い」になっていることがほとんどで、常用感度での撮影に比べて画質が劣り、ノイズ(ざらつき、むら、すじ)が出やすくなります。

NikonのD7500を例にあげると、常用感度は「ISO100~51200」ですが、拡張感度として「ISO50相当」まで減感、「ISO1640000相当」まで増感することができます。

ただ、一般にはこうした拡張感度はあくまで「緊急用」で、ふだんの撮影で使われることはめったにありません。

ほとんどの場合、「常用感度」で撮影する、というわけですね。

まとめ

カメラのISO感度は、「常用ISO感度」をみて考えればOK、ということですね。

上限の数字が大きいほど「高感度に強い(暗い場所でも撮りやすい)」、つまり室内でも暗い場所でも撮りやすくなる、というわけですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

「DXフォーマット」って何?
ニコンでは、撮像素子がAPS-Cサイズのものを「DXフォーマット」と呼んでいます。ちなみに、フルサイズのものは「FXフォーマット」と呼ん...
10/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、10月も愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮...