「高感度に強い」「高感度撮影に強い」カメラはどう探す?

「高感度に強い」「高感度撮影に強い」カメラはどう探す? 作例画像一般に、暗い場所でも撮影しやすい――手ぶれしにくい、ノイズが出にくい、画像の荒れが少ないカメラのことを「高感度撮影に強い」といいます。

高感度に強い、高感度ISOに強い、ともいいます。

ここでいう「暗い場所」には、明かりの少ない場所のほか、日陰や屋内(室内)といった場所も含まれます。

つまり、高感度に強いと、明るい場所はもちろんのこと、「室内(屋内)でもキレイに撮りやすいですよ」「明かりの少ない場所や時間帯でも撮りやすいですよ」というわけですね。

今回は「高感度撮影に強い」カメラの探し方について考えてみましょう。

ISO感度の上限が1つの目安

デジタル一眼では、ISO感度の数字が小さいことを低感度、大きいことを高感度といいます。

高感度に強いカメラを探す際には、「常用ISO感度の上限」をみることが1つの目安になります。

ISO感度の上限をみよう 画像
カタログにこうした記載がある場合、これは「常用ISO感度100-6400」という意味です。

ISO感度の上限が「高感度に強い」の目安
こちらは「ISO 51200」までとなっています。一般に、上限の数字が大きいほど「高感度に強い」カメラと考えられています。

このような場合、たとえば同じ「ISO 3200」でも、上限の数字が大きいカメラで撮るほうが、ノイズが出にくい、画像が荒れにくいと考えられます。

あくまで1つの目安ですが、このように探すと高感度に強いカメラを絞りやすくなります。

上限の考え方

ISO感度を上げる(高感度にする)ほど、暗い場所でも速いシャッタースピードで撮ることができますが、写真にノイズ(ざらつき、むら、すじ)が増えてきます。

たとえば「ISO 100~51200」となっている機種でも、実際は、ある程度までISO感度を上げると、ノイズが目立つようになってきます。上限に近づくほど、それが顕著になります。

つまり、上限の数字は「MAXまで使える」というよりも、「上限がここまであるなら、ISO12800ぐらいまでなら実用できるかな?」「ISO 6400あたりまでなら、ノイズがほとんど目立たないかな?」という目安として考えます。

上で挙げた例でいえば、「上限がISO 51200であれば、ISO 3200でもノイズがあまり目立たないだろうなあ」ということですね。

逆に「ISO 100-6400」の機種でしたら、「上限がISO 6400のところを、ISO 3200ではノイズが目立ちそうだなあ」ということです。

上で挙げた「同じISO 3200でも荒れ具合が違う」と考えられるのは、そういう意味なんですね。

まとめ

画像の荒れについては、実際はISO感度の幅だけでなく、イメージセンサーや画像処理エンジンとのバランスによっても変わってきます。

あくまで目安ですが、これを知っておくと、高感度に強いカメラを見つけやすくなりますよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

常用感度(常用ISO感度)と拡張感度について知ってみよう
ISO感度には「常用感度(常用ISO感度)」と「拡張感度」があります。 常用感度 常用感度は、メーカーが「一定の品質をキープでき...
10/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、10月も愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮...