冬の撮影に便利な手袋。つけたままでカメラの操作ができます

冬の撮影に便利な撮影用手袋

イルミネーションや雪景色など、冬ならではのシーンを撮るのはたのしいものです。

しかし、寒いのが冬です。特に手の冷えやすさといったら、たまらないものがあります。

今回は、冬の撮影に便利な「つけたままでカメラの操作ができる手袋」を紹介します。

Kenko カメラマングローブ Grip Hot Shot


Kenko カメラマングローブ Grip Hot Shot

まずは、Kenkoから発売されているカメラマングローブ「Grip Hot Shot」です。

手のひら全体に滑り止め加工がされており、親指と人差し指がタッチパネル対応&開閉可能になっています。

そのため、

・つけたままで、タッチパネルを操作することができる
・細かい操作をしたい時は指先だけ出せる

といったことができるようになっています。

スマホのタッチパネルにも対応しているので、カメラを三脚に設置して、スマホでシャッターを切るという使い方もできますね。

全体に滑り止め加工されているので、カメラのグリップも安定しやすくなるのもメリットです。

MATIN マルチシューティンググラブ


MATIN 撮影用手袋 マルチシューティングクラブ

続いては、MATINの撮影用手袋「マルチシューティンググラブ」です。

カバーをめくるだけで、ミトンが指抜きグローブに変身する手袋です。

そのため

・指先を簡単に出し入れできる
・5本の指を出すことができる

ようになっています。

カメラの細かい操作のほか、スマートフォンの指紋認証にも便利なグローブです。

指先のカバーに小型のカイロを入れるという使い方も。カバー式ならではの工夫がたのしめます。

おまけ 頭部の防寒も忘れずに

おまけとして、ちょっとオシャレな防寒キャップを紹介しましょう。


mont-bell チベタンキャップ

頭のポンポンとあごひもがとってもユニークな「mont-bell チベタンキャップ」です。

優れた保温性とストレッチ製を持つキャップで、あたたかさは保証つき。耳あてもついています。

チベタンキャップはデザインも大きなポイント。地味なになりがちな冬のファッションにアクセントを加えてくれます。

それでも寒い人は

ちょっとおおげさかもしれませんが、こんなグッズもあります。

Velbon カメラレインカバー

本来はレインカバーですが、カメラを覆って外気を遮ることができます。

「Velbon カメラレインカバー」は

・両サイドの穴から手を入れてカメラを操作できる。

・三脚、ストラップの取り付けもOK。

・背面の透明窓からカメラの液晶を見たり、ファインダーを覗いたりすることができる

といった特長があります。

カイロを仕込むポイントを工夫すれば、レインカバーも工夫次第で防寒グッズになります。

「Velbon カメラレインカバー」は一眼レフ用です。小型のカメラで使う場合は、必ず対応サイズかどうかを確認してから購入するようにしてください。

まとめ

冬場は、日中はもちろんのこと、朝や夜はかなり冷え込みますので、しっかりと対策をしておくと安心ですよ。

グッズを活用してぜひ冬の撮影を楽しんでみてくださいね。