自由雲台って何?しくみからメリットとデメリットまで解説します

自由雲台とは

雲台(うんだい)とは、カメラと三脚(または一脚)を接続するためのパーツのことをいいます。

「自由雲台(じゆううんだい)」は、簡単な操作でカメラの角度を変えることができるのが特長です。

自由雲台のしくみと動き方

自由雲台のしくみ 解説画像自由雲台は、メーカーによってデザインに違いはありますが、基本的なしくみは同じです。

カメラの角度を自由に動かせるほか、水平方向にも動かせるので、ほぼすべての方向に向けることができます。

三脚のタイプによっては、三脚から雲台を取り外すことができ、好きな雲台に変えることができるものがあります。

では、動き方をみてみましょう。

自由雲台 画像自由雲台にはボールを固定しているネジがついています。この写真の場合は、左側にみえる大きなネジ(つまみ)がボールを固定しています。

ネジ部分がレバー式になっているものもあります。

これををゆるめると、好きな方向にカメラを傾けることができます。

自由雲台 角度を変えているところ接続部分がボールになっているので、細かい角度調整も簡単にできます。先ほどゆるめたネジをしめるとボール部分が固定されます。

右下のほうにみえる小さなネジは、雲台自体を水平方向に回転させるネジです。これをゆるめると、雲台そのものが水平に回転します。

主にカメラを縦位置にした時に使います。

自由雲台のメリット

自由雲台のメリット

自由雲台を使うと、簡単にカメラの向きを変えることができます。

ネジ(レバー)をゆるめる、向きを決める、しめる。

たったこれだけで、カメラの方向を固定することができます。また、向けられる方向の自由度が高く、角度の微調整もしやすいのも大きな特長です。

3WAY雲台って何?どんな風に動くの?
三脚(または一脚)にカメラを取り付ける台座部分のことを「雲台(うんだい)」といいます。 今回はその中の1つ、3WAY雲台につい...

自由雲台のデメリット

自由雲台は角度を固定するネジが1つなので、ゆるめているときにカメラから手を離すと、重心があるほうにカメラがガクンといってしまいます。

この画像の雲台でしたら、赤で囲っているネジだけでボールを固定しています。ゆるめると、一気にカメラが全方向に動かせるようになります。

そのため、3WAY雲台のように、1つずつじっくり角度を決めることは難しく、この自由さから「かえって向きが決めにくい」という声もあります。

初心者の方に3WAY雲台がすすめられる理由の1つがここにあります。

まとめ

自由雲台は、頻繁にカメラの向きを変えるようなシーンでは本当に便利です。「ゆるめる、向きを決める、しめる」この3ステップで固定できるのは自由雲台ならではですよー。