ぜひ持っておきたいアイテム「ブロアー」

初心者さんがぜひ持っておきたいアイテムに「ブロアー」があります。

ブロアーはボディを押すと空気が出るしくみで、しゅぽしゅぽしてホコリやゴミを飛ばします。

カメラやレンズを傷つけることなく、ホコリやゴミを除去できますので、非常に便利。初心者さんはぜひ持っておきたいアイテムです。

メンテナンスは「まずブロアー」から

カメラやレンズを掃除するときは、まずブロアーでホコリやゴミを飛ばすのが基本です。

クリーニングペーパーやレンズペンを使うときも同様で、必ずホコリやゴミを除去してから使うようにします。

いきなり拭いたりこすったりはNG

ホコリやゴミがついたまま、拭いたりこすったりすると、カメラやレンズにキズをつけてしまうことがあります。

特に屋外での撮影後は、小さな砂ぼこりが付着していることもありますので、そのまま拭くとキズの原因にも。まずブロアーでしゅぽしゅぽしてから作業しましょう。

ブロアータイプいろいろ

ブロアーには様々なタイプがあります。

ハンディタイプ


HAKUBA シリコンブロアーポータブル

ミニサイズのブロアーです。10cm以下とコンパクトなので、バッグにも入れやすく持ち歩きにも便利なタイプです。

ノズル部分もコンパクトなので、ピンポイントで風をあてることができます。

ブラシつきタイプ


HAKUBA メンテナンス用品 シリコンブロアーブラシ

ブラシがセットになったブロアーです。ブロアーでホコリやゴミを飛ばしたあとに、ブラシでキレイにすることができます。

ブラシは山羊毛で、ブロアーの先端にセットして使います。

大きいタイプ


UN ブロアー ジャンボハリケーン

ハンディタイプよりも大きく、強めの風が出るものです。コンパクトさはないものの、パワーがある分、ホコリやゴミを楽に飛ばすことができます。

ノズルタイプの違い

ブロアーはノズル部分が別パーツになっているものと、ボディと一体になっているものがあります。

ノズルが別パーツのものは、一体型に比べてピンポイントで風があてやすいのが特長です。細かい部分や狙ったところに風をあてやすくなります。

ただ、普通に使う分には一体型でも十分に使えますので、「どう使いたいか」で考えるとよいでしょう。

まとめ

今回はぜひとも持っておきたいアイテム、ブロアーを紹介しました。数百円のものからありますので、複数持っておくのもアリですよ。