第83話 日本最古のカレーは「カエル入り」。カエルカレーの謎

カエル(ウシガエル) ミラーレス一眼で撮影 岐阜
散歩の途中でちょっと大きめなカエルを見つけて写真を撮りました。先日撮ったアマガエルよりも巨大で、どうやらウシガエルのようです。

ウシガエルの別名は食用ガエル

最近はめっきり耳にすることがなくなりましたが、ウシガエルの別名は「食用ガエル」です。そう、ウシガエルは食用になるんです。今の日本であまり食べることはありませんが、味は淡白でクセがなく、鶏のささみに似ているんだとか。

カエルは世界各地で食べられている

ウシガエルに限らず、カエルはフランスや中国など世界各地で食用にされています。
フランスでは「グルヌイユ」、中国では「田鶏」「水鶏」と呼ばれているそうです。

日本最古のカレーは「カエル入り」

明治5年に出版された「西洋料理指南」という料理本に、材料として「葱、生姜、にんにく、バター、鶏、海老、鯛、牡蠣、赤蛙、小麦粉、カレー粉」が挙げられています。うそみたいな話ですが、日本最古のカレーは「カエル入り」だったのです。

うーん、いくら鶏肉に味が似ているからって、なぜカエルまで入れちゃうんでしょうか。もう鶏が入っているのに・・・謎です。

ちなみに、日本ではじめてカレーの作り方を紹介したといわれるこの「西洋料理指南」は、国立国会図書館のサイトで閲覧できるようになっています。

本当にカエル入りなの?と気になる方、こちらでレシピが読めますよ。

item data:水がきれいな池にいたカエル

第64話 怒り顔のアマガエル
虫に食べられてぼろぼろになったクチナシの葉の上に、アマガエルを見つけました。 しかめっ面のおじいちゃんのような顔つき。 「そ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...