「EOS Kiss X9」の発売が決定!大人気モデル「Kiss X7」の後継機がついに登場

キヤノンから「EOS Kiss X7」の後継モデル「EOS Kiss X9」が発売されました。

EOS Kiss X9

前機種「Kiss X7」は、2013年の発売からずっと売れ続けてきた大人気モデルです。「Kiss X9」はその後継機にあたります。

ちなみにEOS Kissシリーズには、X7i・X8i・X9iといった「i」のつくモデルがありますが、位置づけとしては「Kiss X9」が「X7」の後継機にあたります。

Kiss X9の主なスペックをみてみましょう。

撮像素子 CMOSセンサー(APS-C)
有効画素数 約2420万画素
映像エンジン DIGIC 7
撮影感度 常用ISO100~25600
(拡張:ISO51200)
フォーカスポイント 9点(中央: クロス測距、F2.8対応時に縦線検出)
シャッタースピード 1/4000~30秒
連写撮影 5コマ/秒
ファインダー形式 ペンタダハミラー
ファインダー視野率 95%
ファインダー倍率 約0.87倍
ライブビュー時のAF デュアルピクセルCMOS AF
撮影枚数 ファインダー使用時:650枚
ライブビュー使用時:240枚
モニター形式 バリアングル式
質量(本体のみ) 約406g~

映像エンジンは上位機種X9iと同じDigic 7を採用し、バリアングル式液晶、スマホと常時接続などX7にはなかった機能も加わっています。

デュアルピクセルCMOS AFって何?
今回はキャノン機に搭載されている「デュアルピクセルCMOS AF」についての解説です。 デュアルピクセルCMOSとは デ...

Kiss X9とX7との違い


Kiss X9と前機種Kiss X7の違いをみてみましょう。X9で進化した部分をで表示しています。

商品名 Kiss X9
Kiss X7
発売時期 2017年7月 2013年4月
有効画素数 約2420万画素 約1800万画素
映像エンジン DIGIC 7 DIGIC 5
常用感度 ISO100~25600
拡張:ISO51200
ISO100~12800
拡張:ISO25600
フォーカスポイント 9点 9点
ライブビュー時のAF デュアルピクセルCMOS AF方式 ハイブリッド CMOS AF II方式
シャッター速度 1/4000~30秒 1/4000~30秒
連写性能 5コマ/秒 4コマ/秒
ファインダー方式 ペンタダハミラー ペンタダハミラー
ファインダー視野率 95% 95%
ファインダー倍率 約0.87倍 約0.87倍
モニター 可動式 固定
質量(本体のみ) 約406g~ 約370g
撮影枚数(約) ファインダー:650枚
液晶:240枚
ファインダー:480枚
液晶:160枚

まさに後継機らしい後継機といった性能になっています。

X7で好評だった「軽さ」も継承

また、Kiss X7で好評だった「軽さ」も継承。本体重量406g~と、可動式の液晶モニターを搭載した一眼レフでは世界最軽量を実現しています(2017年6月28日現在。キヤノン調べ)。

サイズについてもみてみましょう。

【Kiss X9】約122.4(幅)×92.6(高さ)×69.8(奥行)mm

【Kiss X7】約116.8(幅)×90.7(高さ)×69.4(奥行)mm

X7に比べるとほんの少し大きくなりましたが、可動式モニター搭載でこのサイズは驚異的です。

まとめ

ブラック、ホワイト、シルバーのカラーバリエーションも非常に魅力的。驚異的なロングセラーを誇るモンスター機「Kiss X7」の後継ともなれば、いやが上にも期待が高まりますね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

【2017年春】Canonのおすすめデジタル一眼レフ EOS Kiss X8iとEOS 80Dに注目
Canonのデジタル一眼レフの中から、コストパフォーマンスが高く、初心者さんにも使いやすい機種を紹介します。 今回は、EOS ...
10/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、10月も愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮...