レンズの曇りや結露を防ぐ「レンズヒーター」

星空や夜景などの撮影時にレンズが曇ってしまうことがあります。

そんなときに便利なのがレンズヒーターです。

PROTAGE 結露防止 レンズヒーター 夜露除去 USBウォーマー

ベルト状になっているヒーターをレンズに巻き付け、レンズの周囲を温めることで曇りや結露を防ぎます。

レンズヒーターの使い方

Vixen カメラアクセサリー レンズヒーター360

使い方は簡単。ヒーターをレンズに取り付け、USBケーブルをモバイルバッテリーにつなぐだけでOKです。

レンズヒーターの使い方や効果がわかる動画はこちら。

本来の用途とは異なりますが、ペットボトルなどの飲み物の保温にも使えます。
ただし、発熱量はさほど大きくないためアツアツの状態を保つことはできません。

別途モバイルバッテリーが必要です

レンズヒーターを使うには、電源を供給するバッテリーが別途必要になります。

バッテリーの容量はどのくらい必要?


Anker Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー


Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー)

「5200mAh」や「13000mAh」という数値が、モバイルバッテリーの容量です。
この数値が大きいと、レンズヒーターを使える時間が長くなります。

容量が大きいとその分充電に時間がかかりますが、長時間撮影する場合は大容量タイプを選んだほうが安心でしょう。

まとめ

今回は、レンズに巻くだけで曇りや結露が解消できる「レンズヒーター」をご紹介しました。
レンズが曇っていると、せっかく撮った写真がぼやけてしまううえに、結露はカビの原因になることもあります。

結露が発生しやすい状況で撮影する際はしっかり対策しておきたいですね。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

冬の撮影に便利な手袋。つけたままでカメラの操作ができます
イルミネーションや雪景色など、冬ならではのシーンを撮るのはたのしいものです。 しかし、寒いのが冬です。特に手の冷えやすさといっ...
3/20(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、3月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&...