Lightroomの「明瞭度」はどう使う?画像つきで解説します

Lightroomの明瞭度 右パネルを使います

今回は「Lightroomの明瞭度はどう使う?」というお話です。

Lightroomの明瞭度は、上げると立体感が強まって見える効果があります。

下げると、全体がソフトな印象になります。

今回は画像を使って、それぞれの違いをみていきます。

WORD 「明瞭度」はどこにある?

明瞭度は、右パネルの「基本補正」内にあります。上のバーの「現像」をクリック→右パネルの「基本補正」をクリック→「外観」の一番上にあります。

Lightroomの明瞭度 右パネルの解説画像

明瞭度を上げる

Lightroomの明瞭度 プラスマイナス0まずは元画像です。今回はこの画像をもとに明瞭度を変えていきます。

Lightroomでは1単位ずつで調整できますが、今回は実験ですので、50ずつ変えてみます。

まずは明瞭度を50強めてみます。

明瞭度+50

Lightroom 明瞭度+50 立体感が出ますまずは明瞭度を+50にしてみました。形が明瞭になり、くっきりとした感じになりました。

元画像に比べて、輪郭のコントラストがだいぶ強まった印象です。

次は、明瞭度を100まで強めてみます。

明瞭度+100

Lightroom 明瞭度+100 臨場感が出ます CGっぽいかもさらにくっきりとして、かなりエッジの効いた画像になりました。

面白い雰囲気ですが、さすがにMAXまで振ると、やりすぎな感じです。なんだか死霊館に出てきそうな雰囲気です。

このように、明瞭度を強めると立体感が強まり、臨場感のある描写になります。

次はマイナス方向にふってみます。その前に元画像をもう一度チェックしてみましょう。

明瞭度を下げる

Lightroomの明瞭度実験再び元画像です。まずは明瞭度をマイナス50にしてみます。

明瞭度-50

Lightroom 明瞭度-50 ソフトな印象になります明瞭度を弱めると、明瞭さがなくなり、ソフトな印象になります。

ソフトフィルターをかけたような感じですね。

さらにマイナス方向に振って、明瞭度を-100にしてみましょう。

明瞭度-100

Lightroom 明瞭度-100 かなりソフトになりますずいぶんとソフトになりましたが、さすがにやりすぎ感があります。

このように、明瞭度を弱めていくと、明瞭さがなくなっていき、ソフトな描写になります。

まとめ

今回は、Lightroomの明瞭度についての解説でした。

シャープに近い印象がありますが、明瞭度は色の境界付近を重点的に処理します。そのため、輪郭が立ち上がってみえやすくなる(立体感が出やすくなる)特長があります。

調整の際には、1:1で確認しながらすると、より的確な調整ができますよ。

はれとき編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。好きなものは洋画とフエキくん。単焦点レンズを持ってよく街歩きをしています。最近、レンジで作るパスタにハマっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

Lightroomの画面を広く使ってみよう。便利なショットカットキーいろいろ
Lightroomは、上下左右のパネルを隠して、作業画面を広くすることができます。 Windowsでは、次のキーが各パネルに対応してい...
Lightroomの体験版を使ってみよう。インストールから起動までの手順を写真つきで解説
Lightroomに興味がある人も多いかと思います。 いきなり購入するのはちょっと・・・という人は、無償体験版はどうでしょう。期間は7...
4/18(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮影...