Lightroomの「ハイライト」機能はどう使う?露光量とあわせた使い方

Lightroomの「ハイライト」機能はどう使う?露光量とあわせた使い方

Lightroomの「ハイライト」機能は、写真の明るい部分の明暗を調整する機能です。

それ以外の部分の明暗はほとんど変化しないので、様々なシーンで使えます。

今回は、露光量とあわせたハイライトの使い方を紹介します。

露光量とハイライトの使い方

Lightroomの「ハイライト」機能はどう使う?露光量とあわせた使い方 元画像この画像をもとに、露光量とハイライトの使い方をみてみます。全体にやや暗めで、特に背景はもう少し明るくしたいところです。

というわけで、スタートです。

まずは、露光量を上げて全体の明るさをあげます。

露光量をあげて全体を明るく 画像

露光量を+に

露光量をあげてみました。全体の明るさがアップしましたが、エプロンの白と顔が少し明るすぎる印象です。

そこで使えるのがハイライトです。

明るい部分のトーンだけを落とすことができます。

ハイライトを下げて、明るい部分のトーンを落とす 画像

ハイライトを-に

ハイライトをマイナス方向に動かして、エプロンと顔の明るさを抑えました。

暗い部分のトーンはほぼそのままに、エプロンと顔の明るさを変えることができました。

このように、ハイライトは明るい部分にのみ補正がかかるので、暗い部分のトーンに影響を与えることなく補正することができます。

ここでは少し極端にハイライトを落としましたが、1単位ずつ調整できるので、自分のイメージにあうように補正することができます。

実際の現像では、このあと色の調整など各種補正をして、好みの仕上がりになるように作業をしていきます。

まとめ

今回はハイライトの使い方を紹介しました。極端に明るい部分がある時は、最も明るい部分を調整する「白レベル」と併用すると効果的ですよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はエクレアにハマっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

Lightroomの「明瞭度」と「コントラスト」は何が違う?画像つきで解説します
今回は、Lightroomの「明瞭度」と「コントラスト」の違いをみていきます。 似たようなイメージがある両機能ですが、その性質...
Lightroomの「コントラスト」はどんな機能?画像つきで解説します
今回は「Lightroomのコントラストはどう使う?」というお話です。 Lightroomのコントラストは、写真の明るい色と暗...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...