Lightroomの「シャドウ」機能はどう使う?黒レベルとの違いは?

Lightroomの「シャドウ」機能はどう使う?

Lightroomの「シャドウ」機能は、写真の暗い部分の明暗を調整する機能です。

それ以外の部分の明暗はほとんど変化しないので、様々なシーンで使えます。

今回は、シャドウの使い方をみていきましょう。

シャドウの使い方

Lightroomの「シャドウ」機能の使い方 元画像この画像をもとに、シャドウの使い方をみてみます。

まずは、シャドウをプラス方向にふってみます。

Lightroomの「シャドウ」機能の使い方 シャドウをプラスに

シャドウを+に

シャドウをプラスにすると、暗い色の部分が明るくなります。元画像と比べて、服の質感がわかるようになりました。

このようシャドウをプラス方向にふると、暗い部分が立ち上がります。逆光で暗くなってしまったところを明るくしたいときにも使えます。

今度はマイナス方向にふってみましょう。

Lightroomの「シャドウ」機能の使い方 シャドウをマイナスに

シャドウを-に

シャドウをマイナス方向にふると、暗い色が黒に近づいていきます。画面が締まった印象になりました。

シャドウは、中間の明るさよりも暗い部分に影響し、明るい部分にはほとんど影響しないのもポイントです。

黒レベルとの違い

Lightroomには「黒レベル」という機能があります。

これも暗い部分の明暗を調整する機能ですが、「黒レベル」はシャドウよりも暗い色に対して補正する機能です。

それぞれの違いをみてみましょう。どちらも同じだけマイナス方向にふってみます。

Lightroomの「シャドウ」機能の使い方 シャドウと黒レベルの違い

シャドウ-50

Lightroomの「シャドウ」機能の使い方 黒レベル

黒レベル-50

シャドウと同じだけマイナス方向にふってみました。

どちらも暗い部分に変化がありますが、黒レベルは、シャドウよりも黒に近い色が変化するという性質があります。

黒レベルのほうは、黒目、髪、帽子の一部分などが黒つぶれしています。対して、シャドウのほうは黒つぶれはしておらず、色の変化がマイルドです。

POINT 黒レベルの使いどころ

「黒レベル」は限りなく黒に近い色を補正できる機能です。この性質を利用して、黒つぶれしそうなところを救うといった使い方や、画面を引き締めるといった使い方ができます。

Lightroomの「シャドウ」機能の使い方 シャドウと黒レベル

黒レベル-10

黒つぶれしない程度に調整してみました。ほどよく黒が締まった感じになりました。

黒つぶれは絶対ダメということはありませんが、補正のやりすぎには注意が必要です。

実際の現像では、写真の性質によってシャドウと黒レベルを使い分け、または併用します。

まとめ

今回はシャドウの使い方を紹介しました。シャドウと黒レベルは、それぞれの性質を理解しておくと使いやすいかと思います。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はエクレアにハマっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

Lightroomの「ハイライト」機能はどう使う?露光量とあわせた使い方
Lightroomの「ハイライト」機能は、写真の明るい部分の明暗を調整する機能です。 それ以外の部分の明暗はほとんど変化しない...
Lightroomの「ホワイトバランス選択」機能はどう使う?画像つきで解説します
今回は、Lightroomの「ホワイトバランス選択」機能の使い方をみてみましょう。 ワンタッチで色の補正ができる便利な機能です。 ...
10/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、10月も愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮...