ニコンの「マイクロレンズ」って何?

ニコン マイクロレンズ

画像引用:Nikon Direct

ニコンでは、マクロ撮影に適したレンズのことを「マイクロレンズ」と呼んでいます。

これは他社でいうところのマクロレンズのことで、ニコンでは独自に「マイクロレンズ」という呼び方をしています。

マイクロレンズは大きく分けて3種類

マクロ撮影マイクロレンズは、小さな被写体を大きく写すことができるレンズです。

ニコンのマイクロレンズには、次の3つのタイプがあります。

  • 標準マイクロレンズ
  • 中望遠マイクロレンズ
  • 望遠マイクロレンズ

の3種類です。

これらの違いは「焦点距離」で、おおよそ次のような分類になります。

  • 標準マイクロレンズ:焦点距離50~60mm前後のもの
  • 中望遠マイクロレンズ:焦点距離100mm前後のもの
  • 望遠マイクロレンズ」焦点距離200mm前後のもの

いずれも35mm判換算をした数字で考えます。

35mm判換算って何?
デジタル一眼はフルサイズのほかに、APS-C、マイクロフォーサーズなど、様々なサイズのセンサー(撮像素子)が使われています。 そのため...

「マイクロ」はレンズ名に限る?

さて、マクロレンズを「マイクロレンズ」と独自に呼ぶニコンですが、この「マイクロ」は、レンズ名に限っているよう。

ほかの場面ではマイクロという表記を使わず、近接撮影のことは「マクロ撮影」、ズームレンズの接写機能は「マクロ」と呼んでいます。

そのほかの独自の呼び方

ちなみにニコンは、「マイクロレンズ」以外にも独自の呼び方を使っています。

代表的なところでは、「DXフォーマット」「FXフォーマット」。これはセンサーのサイズを指す名称で、他社でいうところの「APS-C」「フルサイズ」のことをニコンではこう呼んでいます。

「DXフォーマット」って何?
ニコンでは、撮像素子がAPS-Cサイズのものを「DXフォーマット」と呼んでいます。ちなみに、フルサイズのものは「FXフォーマット」と呼ん...

そのほかユニークなところでは、「レンズ交換式アドバンストカメラ」もあります。

これは、ニコンのミラーレス一眼のことです。ニコンではミラーレス一眼という言葉を使わず、こうした呼び方をしています。

まとめ

今回は、ニコンの「マイクロレンズ」についてでした。ちなみに、焦点距離によるレンズの区分けはあくまで「目安」です。

厳密に○mm~○㎜といった区分けがあるわけではなく、おおよそで考えるのが基本となっています。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

レンズ名についている記号や表記にはどんな意味がある?
今回は、Nikon D5300 AF-Pダブルズームキットを例に、レンズ名の見方を知ってみましょう。 レンズ名の見方 Nikon...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...