Nikon D5300とD5600は何が違う?

今回は、Nikon D5300とD5600の違いについてみていきましょう。

D5600は、D5300の2世代後の機種になります(D5300→D5500→D5600の順で発売)。

性能も画質もほぼ同等の両機種ですが、それぞれ一長一短があります。

それぞれの違いをくわしくみていきましょう。

D5300とD5600の違い


まずはスペック表からD5300とD5600の違いをみてみましょう。

商品名 D5300
D5600
発売時期 2013年11月 2016年11月
有効画素数 約2416万画素 約2416万画素
画像処理エンジン EXPEED 4 EXPEED 4
常用感度 ISO100~12800
拡張:ISO25600
ISO100~25600
フォーカスポイント 39点(うち、クロスタイプセンサー9点) 39点(うち、クロスタイプセンサー9点)
シャッター速度 1/4000~30秒 1/4000~30秒
連写性能 5コマ/秒 5コマ/秒
ファインダー形式 ペンタミラー ペンタミラー
ファインダー視野率 95% 95%
ファインダー倍率 約0.82倍 約0.82倍
モニター 可動式 可動式
タッチパネル 非対応 対応
GPS GPS内臓
Wi-Fi
NFC
Bluetooth Bluetooth4.1
RAW 12bit/14bit 12bit/14bit
質量(本体のみ) 約480g 約415g
撮影枚数(約) 600枚
970枚

この表をみると、タッチパネルの有無やデータ連携の違いはあるものの、カメラとしての基本性能はほぼ同じということがわかるかと思います。

各ポイントをみていきましょう。

画像・撮影に関して

画像処理エンジンは、D5300・D5600ともに「EXPEED 4」です。

普通に撮る分には、写真の画質は両機種ともほぼ同じです。

が、D5600はD5300に比べて高感度撮影に強くなっており、屋内や暗所での撮影にアドバンテージがあります。

操作に関しては、タッチパネルの有無が大きな違いです。どちらもライブビュー撮影が可能ですが、D5300はタッチパネル非対応になっています。

持ちやすさ

ボディの重さをみると、D5300が約480gなのに対し、D5600は約415gとかなり軽量になっています。

また、D5600はグリップが持ちやすい形になっており、ホールド感が増しています。

まとめ

長く売れ続けるD5300と機能が充実したD5600、どちらも画質関連のスペックは同等ですので、用途によって選ぶという形でよいかと思います。

・高感度に強くなり、スマホやタブレットとの連携が強化されたD5600

・タッチパネルにこだわらなければ、新レンズキットが好評のD5300

といったところですね。