【実写レビュー】OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

OLYMPUSから出ているマクロレンズに「OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro」があります。

今回はその実写レビューです。

M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

まずは、M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macroのスペックからみていきましょう。

焦点距離 60mm(35mm判換算120mm相当)
開放F値 F2.8
レンズ構成 10群13枚
絞り羽根枚数 7枚
最短撮影距離 0.19m
最大撮影倍率 1.0倍(35mm判換算2.0倍相当)
マウント マイクロフォーサーズシステム規格
防滴処理 防塵防滴構造
重さ 約185g
フィルター径 46mm

マイクロフォーサーズ規格のマウントなので、OLYMPUSとPanasonicのミラーレス一眼で使うことができます。

実写レビュー

OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macroほどよいシャープさを保ちつつ、自然ですっきりとした描写をします。

AFの精度もよく、非常に使いやすい印象です。

OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro 開放近辺で撮ると、ピント位置はくっきりシャープに写り、そこからなだらかにボケていきます。

M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macroは、OLYMPUSまたはPanasonicのミラーレス一眼につけると、35mm判換算で焦点距離120mm相当の画角になります。

OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro レビュー撮影中、小さな虫が出てきました。体は1cmもない感じ。

開放近辺は被写界深度が非常に浅いので、クローズアップ撮影では三脚を使うと便利です。

上の写真は手持ちで撮りましたが、ほんのわずかな揺れでもピントがはずれてしまうので、三脚を使ったほうが圧倒的に楽です(笑)。

OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro絞って撮ると、グッズ撮影や商品撮影にも使えます。

被写体にグッと近づけるので、「寄れる単焦点レンズ」としても使えます。

OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro絞りを変えて撮ると、様々な描写がたのしめます。

OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro レビュー

OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro 室内撮影

OLYMPUS M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro 暗所このように、1本あれば様々な描写がたのしめます。

ちなみに、M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macroは、レンズに手ぶれ補正機構が入っていません。手ぶれ補正を使いたいときは、ボディ側に手ぶれ補正機構が入っている必要があります。

まとめ

M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macroはクローズアップ撮影からふだん使いまで、いろいろなシーンで使えるレンズです。非常に使いやすくていいレンズですよ。おすすめ!

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

マクロレンズで水滴を撮る
カメラに慣れてきたら、マクロレンズで作品の幅を広げてみませんか? マクロレンズがあると、特別な場所に行かなくても身近なところで被写...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...