PENTAX K-70 レビューその1 ファーストインプレッション

K-70 リバーサルフィルム先日、PENTAXのデジタル一眼レフK-70を購入しました。というわけで、ファーストインプレッションです。

PENTAX K-70

K-70は2016年に発売された機種で、ペンタックスのカメラの中ではスタンダードクラスに位置します。

K-70の主なスペックは次の通りです。

撮像素子 APS-C
有効画素数 2424万画素
撮影感度 標準ISO100~102400
シャッタースピード 1/6000~30秒
連写撮影 6コマ/秒
ファインダー形式 ペンタプリズム
ファインダー視野率 100%
撮影枚数 ファインダー使用時 480枚
RAW 14bit
ローパスセレクター

ファインダー視野率100%、防塵防滴構造、ペンタックス初のハイブリッドAF搭載など、上位機種に迫るスペックになっています。

初ペンタックス機の感想

さて、使ってみた感想ですが、非常に面白いカメラです。

PENTAXのカメラといえば、独特の発色が特長です。それにひかれて購入したわけですが、本当に面白い色の出方をします。

K-70 PENTAXならではの発色ツツジの葉っぱも、こんな感じの緑が出ます。

K-70 銀残しこちらはカスタムイメージの銀残し。なんともいえない質感が出ます。

K-70 リバーサルフィルムリバーサルフィルム。ただの道端でもやたらと雰囲気が出ます(笑)。

ちなみにK-70のカスタムイメージは、デフォルトが「鮮やか」になっています。「ナチュラル」にすると、見たままの色合いで撮ることができます。

使用感など

とにかく使いやすいカメラです。

まず驚いたのは操作系。説明書をみなくても大丈夫!というぐらいに、わかりやすくできています。ファインダーをのぞきながら、ほぼすべての操作ができます。

ボディは約688g(バッテリーとSDカードを含む)とそれなりの重さですが、グリップもよく非常に持ちやすいです。

そしてなんといってもファインダーです。ペンタックス機はファインダーがいいという話は聞いていたのですが、本当にいいです(笑)。ファインダー撮影がたのしくてたまりません。

まとめ

今回が初のペンタックス機ですが、想像以上に面白いカメラです。これはいい相棒になりそうです!K-70のファーストインプレッションでした。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

smc PENTAX-DA 50mmF1.8 ファーストインプレッション
PENTAX K-70と一緒に「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」を買いました。というわけで、ファーストインプレッション...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...