室内での撮影は三脚を使うと便利です

室内での撮影は三脚を使うと便利室内での撮影は三脚を使うと便利です。

屋外と同じように、三脚は構図を決めてから立てます。まず、どんな構図にするのかを考えるところからスタートです。

構図が決まったら、実際にカメラを持ってみてどの位置から撮るといいのかを確認します。

参考 三脚を使ってみよう。三脚のメリットとたのしみかた

構図とカメラ位置が決まったら三脚を立てる

室内での撮影は三脚を使うと便利 設置のタイミング構図とカメラの位置が決まったら、それに合わせて三脚を立てます。

カメラの位置が決まった時点で、手持ちで1枚撮っておくと、三脚の高さが調整しやすくなります。

なぜ三脚を後から立てるのかというと、三脚を先に立ててしまうと、その範囲で撮れる構図になってしまいやすいからです。

先に構図とカメラ位置を決めてから撮るのは、撮りたい画(え)のために三脚を使うという考え方です。

MF(マニュアルフォーカス)がおすすめ

室内での撮影は三脚を使うと便利 MF(マニュアルフォーカス)がおすすめ室内撮りではAF(オートフォーカス)よりもMF(マニュアルフォーカス)を使うことが多いです。合わせたいところにピントを合わせやすくなります。

一度合わせれば、同じピント位置で何枚も撮ることができます。

参考 MF(マニュアルフォーカス)を使ってみよう

三脚は太い脚から

室内での撮影は三脚を使うと便利 三脚の立て方三脚を使うときは、太い脚から伸ばします。基本的には、レンズの向いている方に脚を1本出し、うしろに2本という形で立てます。

倒れにくくなるだけでなく、ハイアングルから撮る場合も安心ですよ。

参考 撮影角度、アングル、ポジションについて知ってみよう

シャッターの押し方

室内での撮影は三脚を使うと便利 レリーズまたはセルフタイマー2秒を使おう室内での撮影はシャッタースピードが遅くなることが多いため、ブレに気をつけます。

わずかな振動でもブレにつながりますので、レリーズ(リモートレリーズ)やリモコン、セルフタイマー2秒を使うと撮りやすくなります。

参考 セルフタイマー2秒はどう使う?

まとめ

今回は室内撮影で三脚を使う場合の解説でした。三脚を使うとブレを防止するだけでなく、同じ構図で何枚も撮れるというメリットがあります。

ちなみに、この記事で使っている写真はどれもVelbon EX-440Nで撮っています。5,000円以下の廉価な三脚ですが、しっかりと固定させれば問題なく使えますよー。


Velbon 三脚 レバー式 EX-440N

この三脚です。軽いので設置もしやすいですよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近、金魚を4匹飼っています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

かんたん&小物撮影がたのしめる「撮影ボックス」について知ってみよう
撮影ボックス(撮影ブース)は、小物や雑貨の撮影に便利なアイテムです。 使い方は簡単で、撮りたいものをボックス内に置いて撮影する...