第144話 赤と黄色のチロリアンランプ~ウキツリボク~

ウキツリボク(チロリアンランプ) ミラーレス一眼で撮影 岐阜
まちを歩いていたらかわいらしい花をみつけました。チロリアンランプこと、ウキツリボク(浮釣木)です。

ウキツリボクとは

ウキツリボクはちょっと変わった形をした花ですが、赤い風船のような部分が萼(がく)で、そこから見えている黄色や白色の部分が花びらです。

ウキツリボク チロリアンランプこの花のすがたから「チロリアンランプ」とも呼ばれています。

ウキツリボクはブラジル原産で、アオイ科の植物です。同じアオイ科には、ハイビスカス、ムクゲ、フヨウなどがあります。

初夏から秋にかけて、上の写真のようなユニークなかたちの花を咲かせます。

「浮釣木」という名前は、空中に花が浮かんで釣り下がっているようすからきています。

まとめ

今回はかわいらしい花、ウキツリボクを撮ってみました。並んでいるところをみると、本当にランプみたいでかわいらしいですよ。ちなみに、花言葉は「尊敬」デス。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。好きなものはモンブランとミルクティー。最近、懸賞に当たってご機嫌です。

\ こちらの記事もおすすめ! /

第116話 マルバルコウとルコウソウ
赤くてかわいらしい花をみつけました。マルバルコウ(丸葉縷紅)です。 マルバルコウとは マルバルコウは夏から秋にかけて咲く花で、道端や...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...