第11話 ふと頭に浮かぶ

連想というはなし。

はれときどきカメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼の写真教室のフォト日記

写真を撮っていると、小説のフレーズやタイトルがふと頭に浮かぶことがあります。
連想みたいなものでしょうか。

この写真を撮っているときに、「あ、これは『光あるうち光の中を歩め』だなあ」と思いました。

「アンナ・カレーニナ」「戦争と平和」で有名なトルストイの短編作品のタイトルです。
きっと光から連想したのでしょう。闇の中を歩くあひる。

 
item data:ちょっと古びた廊下の上で。
  

気軽に読めます♪はれときどきカメラのはれときにっき

毎月開催の写真教室 ミラーレス一眼、デジタル一眼レフカメラのレッスン 岐阜かわいい、きれい、ステキ、ときどきへんてこ
気軽に読めるちいさなフォト日記です

写真とちいさなひとことでつづる日々あれこれ。
はれときどき更新のフォト日記です。

バックナンバーはこちら