第193話 霧の中の恋人が悪魔に?~ニゲラ~

ニゲラ(クロタネソウ)の花 単焦点レンズで撮影 岐阜
近所を散歩していると、あちこちでニゲラが咲いているのをみかけます。

「夢の中の恋」という花言葉は、この繊細ではかなげな姿からつけられたのでしょうか。

ふんわりした花のイメージから一転、実をつけるとこんなユニークな姿になります。
ニゲラ(クロタネソウ)の実 ミラーレス一眼で撮影 岐阜
この球状の実の中にたくさんの種が入っています。
ニゲラとはラテン語で「黒い」という意味で、種が黒いことから黒種草という和名がつけられました。

英名はLove in a mist(霧の中の恋人)Devil in a bush(茂みの中の悪魔)

確かにこの実は悪魔っぽいですね。花も実も個性的なニゲラでした。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近はパルムにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

第73話 涼しげに咲くベルガモット
デジタル一眼をおともにおさんぽ写真を紹介する「はれときにっき」、今回は、ベルガモットです。 「ベルガモット」には、シソ科のベルガモ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...