第258話 ひそやかな美~ホトトギス~

ホトトギスの花 マクロレンズで撮影
個性的な花姿のホトトギス(杜鵑草)
花びらの紫色の斑点が、鳥のホトトギスの胸の模様と似ていることが名前の由来です。

ちなみに鳥のホトトギスは「杜鵑」のほかに「時鳥」「不如帰」「子規」「杜宇」「蜀魂」「田鵑」など、さまざまな漢字で表記されます。

ホトトギスのつぼみ マクロレンズで撮影
日陰でひそやかに開花を待つつぼみ。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

第252話 青紫のハリネズミ~ルリタマアザミ~
ルリタマアザミ(瑠璃玉薊) 学名は「エキノプス」といいます。ギリシャ語でハリネズミを意味する「エキノス」が語源になっているそうです。 ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...