カメラの結露を防止するには?

冬の写真撮影で、寒いところから暖かいところへ移動したときにカメラやレンズに水滴が付いて困ったことはありませんか?

これは結露とよばれる現象です。

結露が発生するのはこんなとき

結露は次のようなときに発生しやすくなります。
カメラの内部が結露すると故障の原因にもなるので要注意です。

  • 温度差のあるところへ急に移動したとき
  • 湿度の高いとき
  • エアコンの吹き出し口など、冷房があたるとき

結露を防止するには

今回は、急激な温度変化による結露を防ぐ方法をご紹介します。

1. カメラをビニール袋に入れる

寒い屋外から暖かい室内へ入るときなど、温度差のある場所へ移動する場合は、カメラをビニール袋に入れます。

ジップロックのような密閉できる袋がおすすめです。


ジップロック フリーザーバッグ Lサイズ

2. 周囲の温度になじませる

温度差のある場所へ移動したら、カメラが周囲の温度になじむまでしばらく待ってから取り出すようにしましょう。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

冬の撮影に便利な手袋。つけたままでカメラの操作ができます
イルミネーションや雪景色など、冬ならではのシーンを撮るのはたのしいものです。 しかし、寒いのが冬です。特に手の冷えやすさといっ...
レンズの曇りや結露を防ぐ「レンズヒーター」
星空や夜景などの撮影時にレンズが曇ってしまうことがあります。 そんなときに便利なのがレンズヒーターです。 PROTAGE...
3/20(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、3月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&...