カメラの入門書って実はむずかしい

はれときどきカメラ 入門書の話 初心者さんむけデジタル一眼レフ教室 岐阜

今回は「カメラの入門書って実はむずかしい」というお話です。

カメラの入門書って実はむずかしい

初心者さん向けの写真教室をやっていると「入門書を買ってみたけれど、なんだかむずかしくて」というお声をいただくことがよくあります。

「初心者向けの本なのに、途中でよくわからなくなった」というお声も多くいただきます。

でも実はそれ、無理もないことだと思います。

なぜなら、「カメラの入門書って実はむずかしい」からです。

カメラの入門書がむずかしい。その原因とは

その原因を考えていきましょう。

カメラの場合、撮りたいものや目的が人それぞれです。

花や風景の写真を撮りたい人もいれば、食べ物や小物の写真を撮りたい人もいる。
建物を撮りたい人もいれば、人物や動物を撮りたい人もいる。

そのニーズにできるだけ応えようというのが入門書です。

つまり、1冊の中にいろいろな人向けの情報が入っているわけです。

ということは・・・。

そう、「自分以外の人に向けた情報もたくさん入っている」ということです。自分に必要じゃない情報もいっぱい入っているわけです。

そこに、カメラという「メカの話」も組み込まれるわけですから、メカが得意でない方にはさらに難しさが感じられることかと思います。

入門書には、自分に必要じゃない情報も多い

そう考えてみると、初心者向けだからといって、本に書いてあることを全部を覚えようとするのは、なかなか難しいということがおわかりいただけるかと思います。

「じゃあ、必要なところだけピックアップして読めばいいのでは」と思いますよね。
でも、これが難しいのです。

なぜなら、最初のうちは、これから学ぶ段階なのですからどの情報が自分にとって必要なのかそうでないのかわかりにくいからです。

となると、最初から読むことになるのですが、自分に必要でない情報も多いわけですから、なかなかこれが難しい。

「テキストは最初からじっくり理解していきたい」という方ほどハマリこみやすい原因がここにあるかと思います。

入門書の性質

ですから、「入門書がよくわからなかったから、カメラってむずかしい」と考えることはないかと思います。

入門書は「あなたという初心者に向けて書いた本」というよりは、「さまざまな初心者さんそれぞれのニーズに向けた本」という解釈をしたほうが読みやすくなり、しっくりくると思います。

「シャッタースピードってわけわからないんですけど」という質問をいただくことがあります
初心者の方や、デジタル一眼を買ったばかりの方にとって「シャッタースピード」は、イメージがわきにくいものの1つかと思います。 でも、実は...

入門書のむずかしさに関しては、何回かにわけてお話していきます。

カメラの入門書って実はむずかしい 2
今回は「カメラの入門書って実はむずかしい」の続編です。 カメラの入門書がむずかしく感じられる理由 カメラや写真の入門書がむずかし...

はれときどきカメラ 初心者向けカメラ教室 デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼の写真レッスン

はれときどきカメラの写真教室はデジタル一眼レフ・ミラーレス一眼をお持ちの方でしたら、どなたでも大歓迎です。

みなさんがたのしく写真を撮る、好きな写真を撮るために、わたしたちがお手伝いできることがあればうれしく思います。

ただいま参加受付中♪はれときどきカメラの写真教室
現在、次の写真教室の参加を受付けています。どなたでもたのしく参加できます。 2/21(火)キットレンズでぼかして撮ってみよう ...

はれときどきカメラの写真教室は岐阜県大垣市で開催しています。

教室へのアクセス 駅から直行のバスもあります
「はれときどきカメラ」の写真教室は、岐阜県大垣市のソフトピアジャパンセンターで開催しています。 駅から会場直行のバスもありますので、岐...