カメラの入門書って実はむずかしい 2

はれときどきカメラ デジタル一眼レフ マクロレンズで撮影 シジミ蝶

今回は「カメラの入門書って実はむずかしい」の続編です。

カメラの入門書がむずかしく感じられる理由

カメラや写真の入門書がむずかしく感じられる理由の1つになぜその写真がいいのか」「なぜそう撮るといいのか」といった説明がとても少ない点があります。

たとえば、背景をぼかすような撮り方の項目だったら。

一眼は「ボケが魅力」とはよく書かれていますが、「なぜボカす必要があるのか」「ボカさないのはどういう場合か」ということに関しては、あまり触れられていません。

「ボケが一眼の魅力だから」みたいな説明も多かったりします。

それってつまりは「なぜやるか=一眼の魅力だから」ということになってしまう。

・・・なんかヘンですよね。
だったら、なんでボカすときとボカさないときがあるの?という話になってしまう。

「ボケが一眼の魅力だから」と言われると、つい「そうか~、なるほど」と思ってしまいますが、よくよく考えてみると理由がとてもあいまいなのです。

カメラの入門書って実はむずかしい
今回は「カメラの入門書って実はむずかしい」というお話です。 カメラの入門書って実はむずかしい 初心者さん向けの写真教室をやってい...

「なぜそうするか」があいまいなまま

上に書いたのは一例ですが、カメラや写真の入門書の多くは、こうした感じで「なぜそうするのか」があいまいなまま、いろいろな撮り方や技法が次々と説明されていきます。

読む側としては大変です。

なぜ必要なのかがあいまいということは、覚える理由もあいまいなわけですから、当然、覚えにくい、身につきにくいとなってきます。

初心者さんにとっては「どう操作すればいいのか」もそうですが、「どういう写真がいい写真なのか」「なぜそうするのか」を知るのはすごく大切なことだと思うのです。

ですが、なかなかそうはなっていないのが現状かと思います。

「なぜそうするか」が弱いために

また「なぜそうするか」の部分が弱いことで、「一眼はそういうふうに撮るもの」「これはこう撮るべき」的な捉え方をしてしまう人もいるでしょう。

○○はこう撮らなければいけないとルールのように感じてしまうケースです。

そうすると「正しい撮り方をしなくては」といった縛りのようなものが生まれてしまい、なんだか試験勉強みたいな感覚になってしまう。

これらも入門書がむずかしく感じられる原因の1つかと思います。

もう悩まない!写真のタイトルに使える秘伝のアイデア
写真のタイトルのつけ方に悩んでいる人は、思った以上に多いようだ。 実際、「写真 題名 つけ方」「写真のタイトル つけ方」「写真...

はれときどきカメラ 初心者向けカメラ教室 デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼の写真レッスン

はれときどきカメラの写真教室
デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼をお持ちの方でしたら、どなたでも大歓迎です。

みなさんがたのしく写真を撮る、好きな写真を撮るために、
わたしたちがお手伝いできることがあればうれしく思います。

はれときどきカメラの
一眼レフ・ミラーレス一眼がもっとたのしくなる写真教室

ただいま参加受付中♪はれときどきカメラの写真教室
現在、次の写真教室の参加を受付けています。どなたでもたのしく参加できます。 2/21(火)キットレンズでぼかして撮ってみよう ...

はれときどきカメラの写真教室は岐阜県大垣市で開催しています。

教室へのアクセス 駅から直行のバスもあります
「はれときどきカメラ」の写真教室は、岐阜県大垣市のソフトピアジャパンセンターで開催しています。 駅から会場直行のバスもありますので、岐...