レンズの保護フィルター(プロテクター)は必要?つけるメリットは?


レンズの保護フィルターは、レンズをキズや汚れから守るフィルターです。プロテクターともいいます。レンズの前面に取り付けてつかいます。

保護フィルターをつけるメリット

保護フィルターをつけておくと、レンズを保護できるのが大きなメリットです。

つけておけば、「レンズ表面がむきだし」の状態を避けることができ、キズや汚れの心配をする必要がありません。

初心者さんはぜひつけておきたいアイテムです。

レンズの保護フィルターは必要? Nikon デジタル一眼レフ マクロレンズで撮影植物の汁や水滴からも、レンズ表面を守ってくれます。

保護フィルターのデメリット

レンズの前にガラスを1枚かますわけですから、画質に多少の影響があります。

「誰がみても明らか」というほどの違いはありませんが、気になる場合は、精度の高いものを選ぶと問題点を解消しやすくなります(価格と比例して精度が増します)。

初心者さんはぜひつけてみて

レンズを保護する 動物の撮影保護フィルターはレンズを汚すことがなければ必要のないアイテムですが、万が一を考えるとつけておくと安心です。

写真を撮っていると、意外とレンズの先があちこちに触れたり、汚れがついてきます。メンテナンスも楽なので、初心者さんはぜひつけることをおすすめします。

まとめ

メンテナンスも含め、レンズの保護フィルターは「つけておいてよかった!」という場面が多いアイテムです。レンズを保護できるメリットは大きいですよ。

1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...