「手ぶれせずに撮れるシャッタースピードの目安」を知ってみよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手ぶれせずに撮れるシャッタースピードの目安は、

「35mm判換算をしたレンズの焦点距離」分の1以下

といわれています。

一般に、これより速いシャッタースピードなら手ぶれせずに撮れるといわれています。

焦点距離は35mm判換算で考えます

レンズの焦点距離は、35mm判換算をした数字で考えます。

フルサイズ機ならそのままの数字でOKですが、APS-C機は焦点距離を1.5~1.6倍、フォーサーズ・マイクロフォーサーズ機は焦点距離を2倍して考えます。

35mm判換算って何?
デジタル一眼はフルサイズのほかに、APS-C、マイクロフォーサーズなど、様々なサイズのセンサー(撮像素子)が使われています。 そのため...

実際の考え方

たとえば、35mm判換算で「焦点距離200mm」のレンズなら、1/200秒が手ぶれせずに撮れるシャッタースピードの目安になります。

この場合、シャッタースピードの1段ごとの刻みをみて

1/2 1/4 1/8 1/15 1/30 1/60 1/125 1/250 1/500 1/1000

最も近い1/250秒を目安として考えてもOKです。

この目安は「これよりも速いシャッタースピードなら手ぶれせずに撮れる(だろう)」というものですので、1/500、1/1000ならより安心というわけです。

反対に、この目安より遅くなると厳しくなりますよ、ということでもあります

たとえばマイクロフォーサーズなら

OLYMPUSのミラーレス一眼「E-PL7」に単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」をつけた場合を例に考えてみましょう。

OLYMPUS PEN E-PL7
  

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
  
E-PL7はマイクロフォーサーズ機なので、レンズの焦点距離を2倍します。

25mm×2ですから、50mmですね。この数字を

「35mm判換算をしたレンズの焦点距離」分の1以下

にあてはめて、1/50。

1/50秒が手ぶれせずに撮れるシャッター速度の目安になります。

まとめ

この目安は「きちんと構えて、最適な条件で撮った場合」という条件がつきます。「どんな状況でも絶対にブレない」という目安ではありませんので注意が必要です。

この目安を知っておくと「手ぶれ補正○段」も効果のほどがわかりやすくなりますよ。

シャッタースピード○段って何?
シャッタースピードを、「段」という言葉を使って表すことがあります。今回は、この「段」について知ってみましょう。 シャッタースピードの「段」...