RAWって何?今さら聞けないカメラ&写真の用語

OLYMPUS DIGITAL CAMERA マクロレンズで撮影撮影したデータをカメラに記録する方法に、JPEGとRAW(ロー)があります。

今回はそれぞれの違いについてお話していきましょう。

RAWとJPEGの違いを知るには、まずJPEGの性質を知っておくとわかりやすくなります。

まずはJPEGの性質から

RAWとは何か 解説撮った写真のデータがJPEGになるまでには、

元データ → カメラ内部で編集・圧縮 → JPEG

といった過程があります。

途中に「編集・圧縮」という工程が入るため、JPEGは元データに比べると画質がわずかながら劣化します。

また、JPEGは補正や編集を重ねるたびに、画質が劣化していきます。

RAWとは

RAWとはRAWは、JPEGになる前のデータです。

上の話で出た「元データ」の部分がRAWです。

元データ(RAW) → カメラ内部で編集・圧縮 → JPEG

RAWは、劣化する工程をはさんでいない、いわゆる生のデータです。

RAWはJPEGに比べて

・データの情報量が多い
・補正や編集の自由度が高い
・補正や編集をしても、画質が劣化しにくい

といった性質があります。

RAWは特殊なファイル形式のため、JPEGのような汎用性はありません。見たり、編集するには専用のソフトが必要です。

RAW現像とは

RAW現像とはRAWで保存されたデータを、画像にすることを「現像」といいます。

たいていの場合、データをそのまま画像に変換するのではなく、よりよい仕上がりになるように補正をして画像にすることがほとんどです。

「RAW現像」という場合は、この編集・補正作業を含めていうことが多いです。

RAW現像の際に、よりベストな仕上がりになるよう作業していくことを「追い込む」といった表現をする場合もあります。

まとめ

記録媒体に余裕がある人は、ぜひRAW+JPEGで撮ってみてください。RAW現像をしはじめると、写真がもっと面白くなりますよ。

\ こちらの記事もおすすめ! /

Amazon プライム・フォトを使ってみました。容量無制限・無圧縮で写真が保存できます
写真の保存に、Amazonプライム・フォトを使ってみました。これ、すごいですね。 使ってみた感想をかいてみたいと思います。 ...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...