中古でカメラを買ってみよう。中古カメラの上手な買い方

中古カメラの上手な買い方

写真を撮るのがたのしくなってくると、いろいろな機種に興味が出てきます。そんなときは、中古のカメラもチェックしてみましょう。

上手に買えば、お得な買い物ができますよ。

狙い目は「型落ち品」

型落ち品とは、新しいモデルが出たために古くなってしまった機種のことです。

新製品が出ると買い替え需要もあって、前モデルが中古に多く出てきます。特に人気のあったモデルは中古在庫が増えるため、価格も下がりやすい傾向にあります。

今のカメラはどれも基本性能が高いので、1~2世代前の機種でも十分に使えますよ。

マップカメラの通販で中古カメラを買ってみた
中古カメラをマップカメラの通販で買って大満足だったので、その時のことをまとめます。 迷っている方の参考になればと思います。マッ...

少しキズがあるだけでも安くなる

中古カメラを扱うお店では、状態によって「A/B/C」「美品/良品/並品」などのランクがついています。

これらのランクは外観によるところが大きいので、少しキズがあるだけでもランクが下がります。お店によっては数千円~の差が出ますので、ぜひチェックしてみましょう。

打痕やへこみキズのあるものは避けよう

キズは、こすれや擦りキズならOKですが、ぶつけた跡(打痕)やへこみがあるものは避けましょう。カメラ内部にきついダメージがいっている可能性があります。

必ず「保証」のあるお店で買おう

中古でカメラを買う時は、必ず「保証」のあるお店で買うようにしましょう。多少高くても、検品やアフターフォローに信頼のおけるお店で買うのがオススメです。

オークションや個人売買は難易度が高い

オークションや個人売買は、見極めがものすごく難しいです。トラブルも多いため、よほどのことがない限り、手を出さないほうが安心です。

【中古カメラ&中古レンズ】今のヤフオク(ヤフーオークション)はちょっと怖い
ヤフオク(オークション)であやうく失敗しそうになったので、その時のことをまとめます。っていうか、今の中古カメラカテゴリ、怖すぎ! ...

まとめ

こうした点さえ押さえておけば、中古で上手にカメラを買うことができますよ。型落ち、状態、保証がポイントです!