デジタル一眼を買ったら最初に揃えたいもの3つ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OM-D E-M5 マクロレンズを使用

デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼カメラを買って「あとは何があったらいいんだろう」という人も多いと思います。

まずは次の3つがあればOKです。

メモリーカード

本当に最低限でいいのならメモリーカードだけでOKです。

これがないことには写真を保存できませんので、メモリーカードは絶対に買うようにしましょう。



画像はサンディスクのものですが、様々なメーカーからいろいろな容量のもの・規格のものが出ています。

メモリーカードは次の点に注意して選ぶようにしましょう。

容量

メモリーカードを買うときは、まず容量をチェックしましょう。

今のデジタル一眼は1枚あたりの容量も大きくなってきているので、8G以上を買うとたくさん撮れて安心かと思います。

参考 画質モードはどれを選ぶ?

メモリーカードには大容量のものもありますが、万が一、データが破損した時のことを考えると、8G~32Gあたりを何枚か買っておくほうが安心かと思います。

Class

次に気にしておきたい点が、Class(スピードクラス)です。

これは転送速度を表すもので、Classのあとにつく数字が大きいほうがデータの転送が速くなります。

いろいろなものがありますが、Classに関しては速いものを買っておけば困ることはありません

動画撮影をする場合はClass4以上、HD動画の場合はClass6以上がオススメです。

規格

メモリーカードを買う際に気をつけたいのが、SD、SDHC、SDXCといった「規格」です。

持っているカメラに対応していないものは使えないので注意が必要です。

それぞれの違いは容量で、次のようになっています。

・SD :2GBまで
・SDHC:4GB~32GBまで
・SDXC:32GB~2TBまで

基本的に、下位互換がありますので、たとえば、SDHC規格対応機種はSDも使えます。

上位互換はなく、それぞれの使用環境は次のようになります。

SDXC規格対応機種:SDX、SDHC、SDカードが使える。
  
SDHC規格対応機種SDHC、SDカードが使えるが、SDXCカードは使えない。
  
SDだけに対応した機種は、SDカードだけしか使えない。

メモリーカードを購入するときは、自分のカメラが対応している規格を調べておくと安心です。

参考 メモリーカードのデータ、入れっぱなしは絶対ダメです

レンズフィルター

次は、レンズの保護フィルターです。レンズの前につけるアイテムで、レンズをキズや汚れから守ってくれます。

上級者の間では、つける・つけないで議論もありますが、初心者の人はつけておいたほうが安心です。

レンズの前に、1枚こうしたガードがあるだけで安心感が全然違います。

掃除をする際も、フィルターを掃除するだけでいいのですごく楽ですよ。

レンズの保護フィルター(プロテクター)は必要?つけるメリットは?
レンズの保護フィルターは、レンズをキズや汚れから守るフィルターです。プロテクターともいいます。レンズの前面に取り付けてつかいます。 保...

液晶保護フィルム

3つ目は、液晶保護フィルムです。その名の通り、液晶を保護するフィルムです。



画像はNikonD5500/D5300用のものですが、各メーカー各機種対応のものが出ています。

カメラを使っていると液晶がかなり汚れます。

タッチパネル式のものなら指紋がつきますし、ファインダーのある機種なら顔がくっついたりするので、まあ、いろいろくっつきます

レンズフィルター同様、つけておくと安心感が違うアイテムです。

もう失敗しない!カメラの液晶保護フィルムをキレイに貼る方法
デジタル一眼に液晶保護フィルムを貼るのが苦手です、という声をよくいただきます。 ほんと、むずかしいですよね。 何度やって...

そのほか気をつけておきたいこと

上記3点があれば、問題なくカメラをたのしむことができます

次はあると便利なものです。

参考 カメラバッグに入れておきたいメンテナンスグッズ

参考 カメラやレンズをカビから守るドライボックス

まとめ

道具としてはこれだけあれば十分にたのしめます。

そのほかのアイテムについては、撮影していくうちに本当に必要と思ったときにそろえていけばOKですよ。

レンズ沼とは何か?
「あのレンズがあれば、いい写真が撮れるようになると思うんだ」 あなたのまわりに、こんなことを言っている人はいないだろうか。今回は「レンズ沼...