Velbon EXUP-53は安いのに実力派の一脚!ミラーレス一眼やはじめての一脚にオススメ!

今回は安くて使える一脚、Velbon EXUP-53を紹介します。


Velbon 一脚 レバー式 EXUP-53

実売価格で2,000円台~3000円台で買える一脚としては、十分すぎるぐらいのクオリティーを持っています。

購入を検討している方も多いと思いますので、実際に使ってみた感想を書いてみます。

EXUP-53のよかったところ

EXUP-53を使ってみてよかった点は次の通りです。

・値段以上にしっかりとしたつくり
・軽い(本体重量360g)
・脚の伸縮・固定がワンタッチでできる
・軽いカメラなら安定感も十分
・自由雲台があるため、カメラの角度が自由に変えられる

ちなみに段数は5段で、いっぱいに伸ばすと150cmになります。縮めると43cmになります。

推奨積載質量は2キロまでなので、重いカメラには向きませんが、ミラーレス一眼や軽量の一眼レフなら特に問題なく使えます。

参考 一脚の構え方を知ってみよう

誰でもかんたんにできる「一脚の構え方のコツ」
どなたでも簡単にできる「一脚の構え方のコツ」を紹介します。次の2点を押さえるだけで、グッと安定します。 カメラを両手で持つ 一脚...

自由雲台とは

EXUP-53 自由雲台とはEXUP-53には「自由雲台(じゆううんだい)」がついています。

雲台とは、カメラと一脚を接続するためのパーツのことで、自由雲台がついていると、簡単な操作でカメラの角度を変えることができます。

スピーディーかつ角度の微調整もしやすく、非常に便利なパーツです。

EXUP-53の気になるところ

次に、使っていて気になった点です。

・カメラにつけたりはずしたりが少し面倒
・いちばん細い脚がすこし頼りない
・収縮時にもう少し短くなるとさらにうれしい

特に気になったのは、カメラにつけたりはずしたりする際の面倒さです。

カメラと一脚をネジで固定するタイプなので、頻繁につけたりはずしたりする場面では少し面倒です。

もう1つ気になったのは、「いちばん細い脚の頼りなさ」です。

一脚は、太いほうの脚から伸ばして使うのですが、伸ばしていくごとにだんだんと細い脚になっていきます。EXUP-53のいちばん細い足(最後に伸ばす足)はかなり細いです。

強度的に問題を感じたことはありませんが、見るたびに少し心配になってしまう細さです。

脚の細さが心配な場合は、EXUP-43

いちばん細い脚の強度が心配な人は、同じVelbonから出ているEXUP-43があります。


Velbon 一脚 レバー式 EXUP-43

こちらはEXUP-53より段数が少なくなっていて、その分、いちばん細い脚も太めになっています。ただ、こちらは、縮めた時の長さが50cmとやや長くなります(EXUP-53は43cm)。

7cmの差はわりと大きいので、頻繁に持ち歩く人は、実物を触ってみて確認することをおすすめします。

まとめ

この価格帯の一脚としては十分なクオリティーだと思います。屋外での撮影によく持ち出していますが、ネジで固定する部分以外は、大きな不満を感じることなく使えていますよー。

参考 三脚のレビュー記事も書いています。

Velbonの三脚 EX-440Nは、安くて「使える三脚」!ミラーレス一眼にオススメ!
ミラーレス一眼用にVelbonの三脚 EX-440Nを買いました。 3~4千円台で買える三脚なので「どうかなあ」と思いましたが...