明るいレンズって何?F値とレンズの明るさの関係

レンズの明るさ、F値について「このレンズは明るい」「2本目のレンズは明るいレンズがおすすめ」といった言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

今回は「明るいレンズって何?」というお話です。

明るいレンズとは何か

一般に、F値(えふち)の数字が小さいレンズほど「明るいレンズ」と表現されます。

レンズの名称をみると、「F3.5-F5.6」といった表記や「F2.4」といった表記がされています。この数字をF値といいます。

この数字が小さいほど明るいレンズといわれ、大きいほど暗いレンズといわれます。

明るいレンズの例

たとえば、キヤノンの人気レンズに「EF50mm F1.8 STM」があります。

キットレンズがだいたいF3.5-F5.6ですから、それに比べるとかなり明るいレンズになります。

明るいレンズって何がいいの?

単焦点レンズ 明るいレンズとしておすすめでは、明るいレンズはどんな点がいいのがみていきましょう。

まず、F値の小さいレンズ(明るいレンズ)はF値の大きいものに比べ、背景を大きくキレイにぼかすことができます。

そう、背景をぼかして主役をくっきり写す、いわゆる「一眼らしい」写真が撮りやすくなるのです。

また、明るいレンズは、1度に多くの光を取り込めるため、速いシャッタースピードを保ちやすくなり、動体の撮影や暗い場所での撮影もやりやすくなります。

こんなふうに考えます

たとえば、今持っているのがキットレンズの「F3.5-F5.6」だとしましょう。

これは最小F値が3.5ですから、今よりぼかしたいと思った時は、F3.5より低いF値のレンズを探します。

上に挙げた「F1.8」のようなレンズでしたら、F3.5よりかなり数字が小さくなりますので、その分、大きくぼかしやすくなります。

DSC_6287
▲この写真の背景にあるのは花ですが、大きくぼけてもようのようになっています。明るいレンズを使うと、こうした撮り方もできます。

単焦点レンズ

明るいレンズの代表格に「単焦点レンズ」があります。

各メーカーとも明るいレンズがそろっており、キットレンズとは違った描写がたのしめます。

単焦点レンズについては、この記事「単焦点レンズは写真がもっと好きになるレンズ」で詳しく解説しています。

単焦点レンズは写真がもっと好きになるレンズ。2本目のレンズにオススメ!
2本目のレンズとしてよくおすすめされる「単焦点レンズ」。今回は単焦点レンズの魅力についてお話していきましょう。 単焦点レンズとは 単焦点...

まとめ

F値が小さいレンズは、背景を大きくキレイにぼかすことができます。明るいレンズはたのしいですよー。

「カメラを買った時についていたレンズでもいいでしょうか」という質問をいただくことがあります。
「カメラを買った時についていたレンズでもいいでしょうか」という質問をはれときどきカメラの写真教室に興味を持った方からいただくことがあります。...