クイックシューとは。使い方としくみをしってみよう

クイックシュー 画像カメラと三脚の接続をスピーディーにするパーツに、クイックシューがあります。

クイックシューをあらかじめカメラの下につけておけば、三脚との接続がスムーズになります。

今回は、クイックシューについてみていきましょう。

クイックシューのしくみ

クイックシューの中央にはネジがついていますシュー部分にはこのようなネジがついています。

これは、カメラの底部のネジ穴に対応しているサイズで、これでカメラとクイックシューを固定します。

カメラにつけたあとは、

  画像引用:Velbon公式サイト

簡単に三脚につけることができます。

カメラと三脚を直接固定しなくていいため、スムーズな着脱ができます。

クイックシューの固定方式

クイックシューと雲台は簡単に接続できるようになっています。たとえば次のような方法があります。

レバーロック式

 画像引用:Velbon公式サイト

手前のレバーをひき、クイックシューをはめたらレバーを戻して固定。ワンタッチで固定できるタイプのものです。

開閉してから固定するタイプ

雲台とクイックシューの固定方法ネジやレバーをゆるめて接続部を開き、クイックシューをはめたら、ネジやレバーをしめて固定するタイプです。

開閉の手間は多少かかりますが、がっちりと固定されます。

クイックシューのタイプ

次は、クイックシューの上面をみてみましょう。カメラをしっかりとホールドするために、様々なタイプのものがあります。

全体がゴム

クイックシューの表面 全面がゴムのタイプカメラと接触する部分の全面にゴムが貼られたタイプのものです。表面はフラットなものやギザギザの入ったものがあります。

複数のゴムが配置されているタイプ

クイックシューのタイプ ゴムが複数あるものポイントポイントにゴムが配置されているものです。ゴムの表面はギザギザが刻まれているものが多く、ホールド力があります。

ゴムの配置や数は商品ごとに違いがあります。

ゴム入りコルク

スペア用クイックシュー

画像引用:SLIK 製品情報 スペア用クイックシュー

コルクボードのような外見ですが、ゴムが入ったコルクです。こちらも保持力があります。

クイックシューの裏はどうなっている?

クイックシューの裏は、カメラと接続するネジがまわしやすいように設計されています。

クイックシューの裏 ネジをしめる部分刻まれている溝は、コインをはめてまわすためのものです。コインを使うことで、よりしっかりと締めることができます。

また、写真のように指でまわす用のフックがついているものもあります。このフックがあると、コインがなくてもしっかりと締めることができます。

まとめ

今回はクイックシューの解説でした。

カメラと三脚を頻繁にはずす場合だけでなく、複数のカメラを使う場合もクイックシューがあると便利ですよ(複数のカメラに使う場合は、それぞれにシューをつけておきます)。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

マクロレンズで水滴を撮る
カメラに慣れてきたら、マクロレンズで作品の幅を広げてみませんか? マクロレンズがあると、特別な場所に行かなくても身近なところで被写...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...