撮影データの保存形式「RAW+JPEG」って何?どんなメリットがある?

撮影データの保存形式「RAW+JPEG」解説画像

カメラの撮影データの保存形式に「RAW+JPEG」があります。

RAW+JPEGにして写真を撮ると、RAWデータとJPEGデータが保存されます。

それぞれのデータの違いをざっくり言うと、次のようになります。

RAWとJPEGの違い

JPEGは、写真を撮った時に普通にみられる画像のことです。カメラ本体でもパソコンでもスマホでも普通にみることができます。

対して、RAWデータは、画像になる前のデータですので、自分で画像にしないとみられません

専用のソフト(またはカメラの機能)を使う手間がかかりますが、その分、補正や編集の自由度が高く、画質も劣化しにくいのがメリットです。

撮影後のデータ

撮影したデータをパソコンでみると次のようになっています。

RAW+JPEGについて知ってみよう データ保存のサンプル画像

このように、写真を1枚撮ると2つのデータが保存されます。

左側がJPEG、右側がRAWです。

JPEGは、上でお話したようにそのままみられます。対して、RAWのほうは、自分で画像にする作業をしなければみられません。

RAWデータの拡張子(ORF)の部分は、カメラのメーカーや機種によって変わります。

参考 RAWって何?

なぜRAW+JPEGで撮るの?

RAWとJPEGには、それぞれに得意分野があります。

両方で撮っておくと、状況に応じて使い分けることができる、というわけです。

それぞれの得意・苦手をざっくりと挙げてみます。

【JPEG】
○ すぐに見られて、すぐに使える
○ データ容量が軽い
× 補正・加工にあまり強くない

【RAW】
○ 補正・加工の自由度が高い
○ JPEGを補正するよりも高画質に仕上がりやすい
× データ容量が大きい
× 画像にする手間がかかる

両方で撮っておけば、データ量が大きくなるものの、ケースによって使い分けることができる、というわけですね。

まとめ

RAW+JPEGで撮ると、データの容量がかなり大きくなります。メモリーカードの空き容量が十分であることを確認して使うようにしましょう。

\ こちらの記事もおすすめ! /

RAWって何?今さら聞けないカメラ&写真の用語
撮影したデータをカメラに記録する方法に、JPEGとRAW(ロー)があります。 今回はそれぞれの違いについてお話していきましょう。 ...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...