デジタル一眼レフとミラーレス一眼、何がどう違う?それぞれの特長を知ってみよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERAデジタル一眼レフとミラーレス一眼は、ボディ内に「ミラーがあるかないか」が大きな違いです。

ミラーがあるのがデジタル一眼レフ、ミラーがないのがミラーレス一眼です。それぞれ次のような特長があります。

デジタル一眼レフ


デジタル一眼レフは、レンズと撮像素子の間にミラーがあります。

このミラーに「レンズから取り込んだ像」を反射させてファインダーに導くというしくみで、実際に近い像をみながら撮影できるのが特長です。動くものに対してもタイムラグがないのも強みです。

ただ、ミラーやファインダー機構がある分、カメラ本体が大きく重くなるというデメリットがあります。

また、レンズ面(レンズマウントの位置)から撮像素子までの距離(フランジバック)が長いため、レンズが大型になりやすい傾向があります。

ミラーレス一眼


ミラーレス一眼はボディ内にミラーがないため、ボディを小型軽量化することができるのが特長です。「背面液晶のみで撮影する機種」と「ファインダーを搭載した機種」があります。

ミラーレス一眼のファインダーは、一眼レフとは違ったしくみのものを搭載しています。

「電子ビューファインダー(EVF)」というタイプのもので、様々な情報をファインダー内に表示したり、画像効果をダイレクトに反映させることができます。

ただ、ミラーレス一眼はセンサーサイズが小さかったり、像の見え方にタイムラグがある、といった点もあります。

ミラーレス一眼「レフ」と言わないわけ

一眼レフは、ミラーの反射(レフレックス)を利用して撮影するカメラなので、一眼「レフ」といいます。

ミラーレス一眼はその名の通り、反射ミラーのないカメラです。レフレックスを利用したカメラではないので「レフ」はつかない、というわけです。

まとめ

ミラーの有無による両者の大きな違いは「ファインダーの見え方」「カメラの大きさ・軽さ」で、しくみによる大きな違いは「センサーサイズの大小」です。

昨今は、デジタル一眼レフもミラーレス一眼も、それぞれの弱点をカバーしてきており、より使いやすくなってきています。